東京女子医科大学病院の見学体験記東京都

投稿日:2017年03月01日

投稿者:ワッフルが好き

診療科内分泌・代謝科, 糖尿病内科

見学の病院を選んだきっかけ

内科に興味があり、ここの糖尿病センターは東京大学に次いで有名だと聞いたから。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1日目 糖尿病・代謝内科>
08:15 糖尿病センター医局に集合。
08:30 朝のカンファレンスに参加し、自己紹介。
先生方は、入退院の患者について報告していました。
そのあとは、施設を一通り案内して頂き、教授の外来を見学させていただいた。
13:30 病棟の回診に参加させていただいた。
15:00 若い先生たちの使う部屋で、いろんな先生とお話しした。

強い・おすすめの科

■糖尿病内科 
■産婦人科 

見学の注意点

糖尿病センター内の医局へつながる扉が「関係者以外立ち入り禁止」と書いてあったので、守衛さんに話したら、誰でも入ってよいとのことでした。初めて行く場合は、戸惑うかもしれません。また、外来見学が13時まで長引き、13時半から回診があるので、昼食を一人でかなり急いで食べなければなりませんでした。私の場合は初期研修医とお話しはできませんでした。その代わり、初期研修をここで行った後期研修医の方たちがかわるがわる話し相手をして下さったので、聞きたいことはすべて聞けました。

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):4

電子カルテは使われていましたが、先生方は「温度表」というものを一人一人の患者さんごとに手書きで作っており、朝のカンファレンスや回診で使っていました。メモ書きのようなもので、バイタルなどを書き込む作業は慣れるまで時間がかかるとおっしゃっていました。その代り、慣れたらすぐに書けて、これが手放せなくなるとおっしゃっていました。女子医に独特のシステムみたいです。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい

研修医同士(5段階評価):4
指導医・上級医との関係(5段階評価):3

コメディカルとの関係は、今回見ることができませんでした。(後期)研修医の方々は、「学閥が無いからすぐに仲良くなれる」とおっしゃっており、実際皆さんとても和気あいあいとしていました。

病院のお勧めポイント

女性は女子医出身の方が多かったので、おっとり・しっかり・おしゃれ、という感じでした。男性は逆に、いろんなタイプの方がいました。糖尿病が背景にある患者は疾患が何であれこの糖尿病センターにかかるので、幅広い疾患を勉強したい人に向いていると思います。総合診療的な側面もあるんだなと思いました。寮はかなり安く借りることができますが、強制ではないみたいです。月に1回勉強会があるので、教育面はしっかりしています。

見学全体を通しての感想

特定の先生につくわけでは無く、やや窮屈な思いをしました。また、院内は広く、外来の場所から回診の場所まで、1人で道に迷わずにたどり着くのが大変でした。施設は古い建物と新しい建物が混在しており、古い所は私立にしてはかなりボロかったです…(汗)。スキルズラボはかなり充実しており、研修センター(研修医専用の場所)はかなり綺麗だと評判が良かったです。

試験内容

■面接
どんな医師になりたいか、なぜ女子医で研修したいかなど、普通のことを聞かれるそうです。

■筆記
国試必修レベルを過去五年分から出すそうです。

■小論文
「自己推薦文」と言うみたいです。A4一枚で、どんな医師になりたいか、なぜ女子医を選んだのか、など。面接でもこれの内容を聞かれることがあるそうです。

■その他
特に無いみたいです。

この体験見学レポートの研修施設
東京女子医科大学病院
東京女子医科大学病院
〒162-8666
東京都新宿区河田町8‐1
TEL: 03-3353-8111
  • レジナビで施設情報を見る

関東エリア(東京)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.