東京大学医学部附属病院の見学体験記東京都

投稿日:2020年08月05日

投稿者:みたらしだんご

見学時の補助

■食事補助あり
昼食をご馳走になりました。



見学の病院を選んだきっかけ

大学院で研究することも考えているため。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1日目 産婦人科>
午前、手術見学
午後、外来や研究棟の見学


強い・おすすめの科

■内科 


見学の注意点

初めて行ったが、東京大学の構内はとても広く集合場所がわかりにくかった。見学を申し込んだ際にメールに案内が貼ってあったため、迷わなかったが早めに着いておいた方が良い。


病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):5


改装している部分としていない部分があったが、全体的に綺麗だった。都心部にあるためか、患者さんの民度も高く見えた。昼食は病院の最上階にあるレストランでご馳走になり、とても美味しかった。研究棟はとても綺麗で広く、部屋数も多かった。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい

研修医同士(5段階評価):4
指導医・上級医との関係(5段階評価):5
コメディカルとの関係(5段階評価):3


研修医同士は仲が良さそうだったが、人数がとても多く人によると思った。病院はとても大きく、人も多く、正直雰囲気はいわゆる大学病院といった感じだった。コメディカルとは関われなかったためわからない。

病院のお勧めポイント

研修医の人数も指導医の人数も多いので、研修医生活で多少気が合わない人がいてもうまくやっていけると思った。もし、研修医の間に結婚・出産することになっても、女性医師へのサポートが進んでいる印象だった。やはり研究が盛んで、将来は入局し大学院に入ることをすすめられた。関連病院の多くが23区内のため、医局人事で人生が左右されることは少なそうだった。

見学全体を通しての感想

東大というと凄いイメージばかり先行し萎縮してしまいそうだったが、実際行ってみるといろんな大学から入局されておりとても明るく迎え入れていただけた。研修医は、1年目東大の場合、当直・オンコールが無いため、それが良いか悪いかは人によると思った。指導医は東大出身の先生もいれば他の大学の先生も多く、他大学出身でも肩身が狭くなることはなさそうだった。入局の際は、人数が多いので研究の進捗などでライバルが多くなりそうだと思った。



この体験見学レポートの研修施設
東京大学医学部附属病院
〒113-8655
東京都文京区本郷7-3-1
〒03-3815-5411(代表)

関東エリア(東京)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 宇治徳洲会病院
    京都府

    宇治徳洲会病院

    投稿者:ポール

  • 太田記念病院
    群馬県

    太田記念病院

    投稿者:ぐんまちゃん

  • 利根中央病院

    群馬県

    利根中央病院

    投稿者:おこめ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.