国立病院機構 災害医療センターの見学体験記東京都

投稿日:2019年05月29日

投稿者:耕太

診療科心臓血管外科, 救急救命科, 血液内科

見学時の補助


■食事補助あり
昼食は上級医の先生におごっていただいた


見学の病院を選んだきっかけ

3次救急まで幅広く行っており、充実した救急外来研修が行えると考えたため。また内科系も充実しているときいたため。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1日目 救急科>
7:45 管理科
8:00 救急科カンファレンス
8:45 救急科病棟業務
12:00 昼食
13:00 救急外来見学
17:00 終了

強い・おすすめの科


■血液内科 

■心臓血管外科 

■救急救命科  


見学の注意点

アクセスは駅から徒歩15分程度。持ち物は白衣、名札、聴診器、筆記用具。見るべきポイントは3次救急まで行っているため、研修医が3次救急においてどのように診療にかかわっているかを見るとよい。

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):5


研修医寮を見せていただきました。病院の敷地内にあるため、寮から院内まで徒歩10秒程度の距離なので雨でもほとんど濡れないです。病院設備は救急科充実していることもあり、十分にそろっている印象でした。研修医室が医局から独立しており非常に広く、ベッドも置いてあり快適そうでした。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい

研修医同士(5段階評価):5
指導医・上級医との関係(5段階評価):5
コメディカルとの関係(5段階評価):5


研修医はたすき掛け2名、その他10名の合計12名ですが、分け隔てなく協力して教え合っている雰囲気が感じられました。上級医の先生も親切に研修医を指導しているところを見ることができました。研修医の志望科は外科系が多いようです。

病院のお勧めポイント

救急科はチーム制で3チームくらいに分かれており、研修医はそれぞれのチームに配属されて上級医から指導を受けることができるので、救急をしっかりと学びたい人にはお勧め。救急科が病棟を持っているのでファーストタッチだけでなく退院まで患者さんを診ることができるので救急外来に来た人がどのように退院していくか学ぶことができるのが特色。また今回見学できなかったが血液内科も力を入れいているという話を聞いた。

見学全体を通しての感想

研修医が主体的に病棟での手技を行っているところが魅力的であった。また上級医の先生も親切であるため、失敗した時やうまくいかなかった時のフォローもしっかりしている様子だった。救急科で病棟を持っている病院は珍しいので、貴重な勉強ができると感じた。

この体験見学レポートの研修施設
災害医療センター画像
国立病院機構 災害医療センター
〒190-0014
東京都立川市緑町3256
TEL: 042-526-5511
  • レジナビで施設情報を見る

関東エリア(東京)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 宇治徳洲会病院
    京都府

    宇治徳洲会病院

    投稿者:ポール

  • 太田記念病院
    群馬県

    太田記念病院

    投稿者:ぐんまちゃん

  • 利根中央病院

    群馬県

    利根中央病院

    投稿者:おこめ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.