都立大塚病院の見学体験記東京都

投稿日:2018年10月17日

投稿者:地獄焼きバイポーラー

診療科消化器内科(胃腸科・肝胆膵), 産婦人科

見学時の補助

■食事補助あり
担当の先生が食堂で奢って下さった

見学の病院を選んだきっかけ

実家に近く、産婦人科が有名な病院だったため

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1日目 産婦人科>
8:50 庶務課に集合
9:00 病院の案内を聞く
産婦人科病棟へ行き、分娩を見学
先生と昼食
13:00頃 解散
<2日目 消化器内科>
9:00 消化器内科の先生と合流し、内視鏡見学
研修医の先生と雑談
先生と昼食
内視鏡見学
15:00頃 解散

強い・おすすめの科

■産婦人科

見学の注意点

丸ノ内線新大塚駅から徒歩1分、JR山手線大塚駅からは徒歩10分程。

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):3
病院自体はかなり古く、特に病棟は薄暗い箇所もある。一応立て替えの予定はあるそう。研修医室は一人一台机がある。宿舎は病院に隣接している。食堂も古いがメニューの種類は豊富。近くにスーパー・コンビニはあり、池袋までも1駅なのでQOLはバッチリ。お給料は25万くらいらしい。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい
研修医同士(5段階評価):5
指導医・上級医との関係(5段階評価):4
コメディカルとの関係(5段階評価):4
病院全体に穏やかな雰囲気があり、コメディカルとの関係も特に悪いようには見えなかった。研修医同士の仲も良く、よく皆で遊びにいくらしい。たまたま産科・消化器に研修医の先生がいなかったため、指導医との関係性は直接見られなかった。

病院のお勧めポイント

産婦人科が有名で、分娩は300件/年程。救急ネットワークがあり、都内13カ所の病院で産科救急をカバーしているが、大塚病院は都内第2位の件数がある。救急でも産科は扱っていない病院が多いので、その点は産婦人科志望の人にはとても良いと思った。研修自体はあまり忙しくないが、月3〜4回の当直開けは休みがないのが辛いとのことだった。

見学全体を通しての感想

先生曰く、「良い病院だが、研修環境として見るとごく普通。ここまで人気がある理由はまあ立地だろうね。」とのことであった。そもそも都立は腫瘍は駒込、救急は墨東、といったように役割が分かれているため研修全体のバランスはあまり良くないように感じた。東京で忙しすぎずそこそこでやりたい人向きか。産婦人科は有名なだけあってかなり医師の数が多いため、一人あたりの手技の数は少ないかもしれない。

試験内容

■面接
志望動機、将来の医師像、インシデントレポートについて、といったテーマで聞かれる。
■筆記
見学に行くと過去問が貰える。

この体験見学レポートの研修施設
都立大塚病院
〒170-8476
東京都豊島区南大塚2丁目8番1号
TEL: 03-3941-3211

関東エリア(東京)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 宇治徳洲会病院
    京都府

    宇治徳洲会病院

    投稿者:ポール

  • 太田記念病院
    群馬県

    太田記念病院

    投稿者:ぐんまちゃん

  • 利根中央病院

    群馬県

    利根中央病院

    投稿者:おこめ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.