国立国際医療研究センターの見学体験記東京都

投稿日:2021年02月03日

投稿者:ひよこ

診療科その他, 感染症内科


見学時の補助

■宿泊補助あり
病院内の宿泊施設に泊まれます。シャワーは当直用のものを利用させてもらえます。


見学の病院を選んだきっかけ

もともと国際協力に興味があり、国際協力局や、国際診療部の存在に興味を持ち見学を決めました。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1日目 国際協力局>
9:30 映像講義
10:30 先生と対面で質疑応答
11:30 解散



<2日目 産婦人科>
8:00 カンファレンスに参加
8:30 オペ見学
12:00 昼食
13:00 外来見学
17:00 解散



<3日目 産婦人科>
8:00 カンファレンスに参加
8:30 初期研修医についてまわる
12:00 昼食
13:00 不妊治療見学
16:00 先生と面談



強い・おすすめの科


■感染症内科 

■その他  国際協力局


見学の注意点

早稲田駅から徒歩だと結構距離があり、道もわかりづらいため事前に経路を確認しておいた方がよいと思います。
また、あらかじめ何が学びたいのかはっきりと目的意識をもっていなければ、研修医の後を無言でついてまわるだけになってしまうので目的意識を持つことが大切。


病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):4


病院内は迷いそうになるくらい大きく綺麗で便利がよい。有名病院なこともあり患者さんも多いが、民度の高い患者さんが多い印象。カフェの食事がとても美味しいが1000円程度する。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい

研修医同士(5段階評価):4
指導医・上級医との関係(5段階評価):3
コメディカルとの関係(5段階評価):3


研修医同士は非常に仲が良く、お互いに採血の練習をしたりしていた。指導や上級医の先生とも仲がよさそうであったが、後期研修医の先生が非常に忙しそうであった。コメディカルとの関係はあまりみられなかったが、雰囲気は悪くなかった。

病院のお勧めポイント

向上心があり、明るく社交的な研修医が多かった。同期の数がとても多いので、仲間と切磋琢磨していく雰囲気が好きな人に向いている病院だと思う。優秀な研修医や指導医が多いので、自分から積極的に勉強していく姿勢を示すことができればどんどん成長していける病院だと感じた。ここの研修医は何かに秀でている人がばかりという噂も聞いた。

見学全体を通しての感想

この病院での働き方は臨床の道も研究の道もあり、将来どの道に進むにしてもビハインドになることはないと言われた。初期研修医自体は働き方改革の影響もあり過度に忙しそうには見えなかったが、その反動か後期研修医がとても忙しそうであった。また明るく社交的でありかつ優秀な先生が多かった。人数が多いので貪欲に研修に励まなければ置いて行かれてしまいそうだとも感じた。

この体験見学レポートの研修施設
国立国際医療研究センター
〒162-8655
東京都新宿区戸山1-21-1
TEL:03-3202-7181

関東エリア(東京)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 宇治徳洲会病院
    京都府

    宇治徳洲会病院

    投稿者:ポール

  • 太田記念病院
    群馬県

    太田記念病院

    投稿者:ぐんまちゃん

  • 利根中央病院

    群馬県

    利根中央病院

    投稿者:おこめ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.