国立国際医療研究センター病院の見学体験記東京都

投稿日:2018年11月28日

投稿者:at

診療科外科

見学時の補助

■宿泊補助あり
希望すれば寮に宿泊可能
■食事補助あり
昼食は先生にごちそうになりました

見学の病院を選んだきっかけ

首都圏にあり大規模の市中病院で全診療科をまんべんなく研修できる病院を希望しており、マッチング試験を受けるつもりで2度(4日間)見学に申し込みました。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1日目 外科>
8:00 カンファレンス
9:00 オペ見学
12:00 先生方と昼食
13:00 検査見学
14:30 病棟見学
17:00 終了
<2日目 外科>
7:30 カンファレンス
9:00 オペ見学
12:00 先生方と昼食
13:00 病棟見学
17:00 救急当直の見学
17:30 終了

強い・おすすめの科

■内科
■総合診療科(家庭医)
■感染症内科
■外科
■救急救命科

見学の注意点

若松河田駅から徒歩10分。持ち物は名札・白衣・聴診器・筆記用具を指定されました。1回の見学につき原則2日間連続の見学となります。申込みには抗体価証明書と履歴書を添付します。初日は3階の総合医局に集合ですが、宿泊しない場合、早めに行って貸してもらえるロッカールームで着替える必要があります。

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):4
病院はきれいです。市中病院ながら大学病院レベルの大規模な施設で、症例数も十分に経験できます。研修医の寮は古く、キッチンと洗濯機は共同です。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい
研修医同士(5段階評価):5
指導医・上級医との関係(5段階評価):5
コメディカルとの関係(5段階評価):4
研修医の数も多く、切磋琢磨でき、また後期研修医も数多くいらっしゃるので屋根瓦式に学ぶこともできます。ベテランの先生方も指導熱心で見学中も非常に勉強になりました。

病院のお勧めポイント

大規模の市中病院で3次救急、診療科もそろっており、症例は幅広く十分に経験できます。立地は新宿区と良く、寮(月2万程度)も完備しています。研修医の数は大学病院レベルに多く、採用も首都圏・地方、国立・私立、偏りなく、みんなが仲良く切磋琢磨できる環境です。スーパーローテートで、1クール6週間と短めで、沢山の診療科を研修することができます。

見学全体を通しての感想

担当医性でハイパーな研修と聞いていましたが、診療科によっては週末フリーのこともあるようです。確かに忙しそうではありましたが、研修医の方の雰囲気がよく、着実に基礎を身につけながらも、楽しく研修できそうだと思いました。研修コースが幾つかに分かれており、各々の希望に沿って研修ができるようです。研修医の方からマッチング試験のことを詳しく相談にのって頂けました。

試験内容

■面接
学生5人: 面接官5人
SNSは何を使っているか、SNS使用中の失敗談は?/昨日は何をしていたか?/群馬大学の医療事故についてどう考えるか?/ここ一年で気になった医療ニュースは何か?/担当患者に余命を尋ねられたらどう対応するか?/この病院の問題点は?/チーム医療とは? Etc… (面接は30分/回✕2回)
■筆記
なし
■小論文
なし
■その他
英語長文→択一問題数問と和訳要約(難易度はセンター試験レベル、2016年は華岡青洲について)

この体験見学レポートの研修施設
国立国際医療研究センター病院
国立国際医療研究センター病院
〒162-8655
東京都新宿区戸山1-21-1
TEL: 03-3202-7181
  • レジナビで施設情報を見る

関東エリア(東京)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 宇治徳洲会病院
    京都府

    宇治徳洲会病院

    投稿者:ポール

  • 太田記念病院
    群馬県

    太田記念病院

    投稿者:ぐんまちゃん

  • 利根中央病院

    群馬県

    利根中央病院

    投稿者:おこめ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.