都立駒込病院の見学体験記東京都

投稿日:2012年03月27日

投稿者:K

診療科放射線科, 消化器内科(胃腸科・肝胆膵)

見学の病院を選んだきっかけ

私はがん治療医を志しています。
駒込病院は都道府県がん診療連携拠点病院に指定され、都内主要30病院のリーダーシップをとっています。
さらに、30年以上前から研修医教育に力を入れてきた伝統&実績に魅力を感じました。

見学について

人気の科では希望者が多過ぎて見学出来ない日もあるので、問い合わせはお早めに。

◆肝臓内科◆
2日間、部長か初期研修医に密着して病棟業務・回診・内視鏡治療・生検・レクチャーを見学しました。
お世話になった研修医の方は才色兼備&気さくな方で「是非一緒にはたらきたい」と思いました。

◆放射線科(治療)◆
2日間、部長・医員・研修医のいずれかに密着して外来診察・病棟・治療計画作成・照射・カンファを見学しました。
病院リニューアルにより、放射線治療で日本トップレベルの病院になると実感でき、圧倒されました。

◆全体説明会◆
毎年3月に複数回開催しています。
研修委員長の見事なプレゼン、院内ツアー、多数の研修医との交流があり、大変有意義でした。

病院の雰囲気

◆アットホームで手厚い指導◆
臨床研修必修化のはるか昔から、30年以上に渡る研修医教育の歴史があり、研修医を育てる文化が根付いていました。
医師140人中、指導医が119人と多く、さらに現在6人の部長と2割の常勤医が駒込研修医出身で、後期研修医の多くも駒込初期研修医出身です。
駒込を愛する多数の医師が、少数精鋭の初期研修医を手厚く指導してくれます。

また、マッチング合格者の懇親会を毎年開催し、国試合格祈願に湯島天神のお守りを1人1人にプレゼントしていました!

◆アカデミックな雰囲気◆
研修医の学会発表数が全国上位の病院で、学会から研修医奨励賞を受賞した方もいました。
初期研修医には毎年8万円の研究研修費が支給され、学会費や物品に充てられるそうです。
論文も希望すればバリバリ書く事ができ、費用は面倒をみてもらえるそうです。
オンラインジャーナルが充実し、しっかりした実験設備もありました!
駒込研修医出身の教授もいるそうです。
大学病院より雑用は少なく、給料は多く、大学病院と市中病院の長所を併せ持っています。

研修医の特徴

院長が弘前大&国立がんセンター出身で学閥は殆どなく、優秀な学生が全国から受験します。
「駒込の合格者枠には頭脳枠、美人枠、人柄枠、スポーツ枠がある」という冗談を聞いた事がありますが、私が見学で接した研修医には某大主席の方、某大準ミスの方、気さくな方、部活をバリバリしていた方、帰国子女の方など、冗談通りの魅力的な方が多かったです。

初期研修医全員で旅行に行く事が毎年恒例になっており、後期も駒込で研修する人が8割と多く、駒込を好きになる研修医が多いようです。

全体を通しての感想

1879(明治12)年設立の歴史&伝統に加えて、2011年の全面リニューアルオープンにより最新・清潔・活気に満ちていました。
「800床超、地上15階&地下3階建て、手術室15室、内視鏡室10室、外来化学療法50床、緩和ケア病棟22床」というスケールや、「エイズ治療、造血幹細胞移植、内視鏡、大腸癌手術、放射線治療、化学療法、緩和ケアなど」の全国レベルの実績に圧倒されました。

都立病院は皆人気ですが、駒込はその中でも中核的な存在で難関です。東京医師アカデミー委員長は駒込元院長で、駒込の弱い分野は都立墨東・広尾などの人気病院で研修でき、都立病院群の美味しい所がつまみ食いできます。

また、昔から研修医教育に力を入れている3病院(駒込、聖路加、虎の門)の研修医による合同勉強会が最近、年に数回開催される事になったそうです。

試験内容

◆概要◆
内科・外科どちらの志望者も面接、内科口頭試問、外科口頭試問の3つを受験します。
3月の病院説明会で某部長が「選考基準は人物評価主体。おたくはダメ。知識は程々でOKで、人柄が大切」と言っていました。

◆面接◆
面接室が2つあり、私が入った方には院長もいました。800床超の大病院の院長が、休日1日かけてわざわざ面接官をされていた事から、初期研修にかける熱意を感じました。
初期研修の目標、将来のプラン、願書記入事項に関する質問が大切だと思います。

◆内科口頭試問◆
研修医などから収集した過去問とは違う新作問題が殆どでした。内科の国試レベルの勉強を幅広くする事を勧めます。
受験者が答えた後、解答を教えてくれたので勉強になりました。研修医を大切にし、育てる文化が根付いていると思いました。

◆外科口頭試問◆
「得意ながんは何ですか」と聞かれた後、そのがんについてかなり深い事まで出題されるのは毎年恒例です。各自の大学で、がんに関する科の実習に熱心に取り組む事を勧めます。その他にも放射線治療など幅広く出題されました。
口頭試問では知識だけではなくて人柄、説明の仕方、熱意も大切だと思います。

宿舎について

宿舎の斡旋はありませんが、昼食・おやつは院内の食堂・売店で御馳走していただきました。
また、見学中に熱意を上手くアピールできれば、夜もいいお店で御馳走していただけると思います。

この体験見学レポートの研修施設
都立駒込病院
都立駒込病院
〒113-8677
東京都文京区本駒込3-18-22
TEL: 03-3823-2101
FAX: 03-3823-5433
  • レジナビで施設情報を見る

関東エリア(東京)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.