都立駒込病院の見学体験記東京都

投稿日:2013年09月18日

投稿者:Choco

診療科病理診断科

見学の病院を選んだきっかけ

教育的でアカデミックな市中病院ということで有名で、病理に定評があるので見学しました。
先輩も働いているし、ポリクリ中に病理の先生に、後期研修で、都立駒込病院で働いている先生を紹介して頂いたこともきっかけでした。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

病理部を見学しました。
あらかじめ大学の先生に、後期研修の先生を紹介して頂いていたので、主にその先生について見学しました。
午前中は病理部内を見学し、どんな体制で仕事をしているかなどを見せて頂きました。
その後で一件、消化管の切り出しをさせて頂きました。
先生方とのお昼を挟み、病院内を見せて頂きました。
通常は初期研修の先生は病理部にはいないのですが、私がいったときは運良く外科コースからの先生がいらっしゃったので、その先生に病棟や研修医室、寮などを案内して頂きました。
夕方はみんなで顕微鏡を覗いて、その日の分の検体をチェックしました。
終了は大体18時半〜19時くらいになりました。

病院の雰囲気

噂通り、アカデミックな雰囲気だと思います。
病理部に関していえば、有名なだけあって非常に充実していると思います。
先生方も教育熱心だと思いましたし、何せスタッフの数が多くて楽しそうでした。
先生曰く、あれだけ若い人たちが大勢働いているのは大学病院くらいで、市中病院では珍しいようです。

病院のお勧めポイント

研修医の先生達の仲は良さそうでした。
上級の先生方も教育に時間を取ることを厭わないという感じです。
EBMをとても大事にしているので、治療方針に関して十分なエビデンスがあれば、初期研修医の意見が通ることもしばしばで、きちんと論文を読むといった勉強を日頃からすることを求められているようです。
激務ではないようで、論文を書いたり学会に参加したり、発表も結構盛んなようです。
そういった意味では大学病院に近いかもしれません。
また将来病理医を目指す人にはお勧めだと思います。
先生達は楽しく働いている様子でした。
年に一度、研修医が同時に休みを取れるようで、みんなで旅行に行くと言っていました。
病院のアクセスは、駅から少し離れていますが、寮があります。
外に部屋を借りている先生もいました。

全体を通しての感想

お給料は大学よりいいですし、大学と市中病院の中間といったところだと思います。
ただし、癌を専門にしているので紹介患者が多く、ファーストタッチはあまりないと思っておいた方がいいようです。
どうしても癌に偏りがちなため、癌に興味がある人(もちろん病理も含めて)にはおすすめだと思います。
救急は他の都立病院などに行くことが可能です。
後期研修を都立病院で考えたいのなら、初期研修で選んだ方が圧倒的に有利です(初期研修を都立病院で終えた人を優先して採用するため)。病院側は、研修医の教育を5年計画で考えているようです。

この体験見学レポートの研修施設
都立駒込病院
都立駒込病院
〒113-8677
東京都文京区本駒込3-18-22
TEL: 03-3823-2101
FAX: 03-3823-5433

関東エリア(東京)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.