河北総合病院の見学体験記東京都

投稿日:2014年07月16日

投稿者:HAHAHA

診療科循環器内科, 救急救命科

見学の病院を選んだきっかけ

大学の上級医の先生がこちらの病院で一時期働いており、勧められたことや、前々から知っていたこともあって見学しました。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

見学日は2日でした。
1日目は救急、2日目は循環器内科
を見学しました。
1日目の救急では最初の診察などほとんどが研修医が見て、最後だけ要約したプレゼンを上級医の先生に行い了解を得るというような形でした。
基本的に中心静脈などの処置は3年目以上の先生に見守られながらでないとやってはいけないようで、フォローすべきところはするという形になっていました。
2日目は循環器内科で、後期研修医の先生につきましたが、ほとんどカテ室にいる感じでした。
カテ終了後の回診まで参加して、最後にちょっと色々な先生と話をさせてもらって終了となりました。

病院の雰囲気

先生の数も多いので色々な先生がいるという感じでした。
初期研修の先生も都内に偏らず全国から集まっているという感じなので、特定の偏りというのはないと思います。
建物自体はそれほど新しくはありませんが、都内の病院には時々ないことがある食堂などもあり、また宿舎も近いということなので、必要最低限の施設で困ることはないので、働きやすい環境は整えてくれているのだと思います。
都内にありますが、大学の関連病院という雰囲気よりは、全国津々浦々から集まる色々な方と働ける環境があるという感じで、人柄重視の採用基準で研修医を採用していると思いました。

病院のお勧めポイント

救急については2次救急ということもあり、初期研修医でも診れるものも多く、とても鍛えられる感じがしました。
見学した中でも救急についてはかなり研修先として優れていると感じました。
ただ当直日はほとんど寝れないということです。
また、色々な大学から集まるので、研修医同士でも刺激的な環境がうまれると感じました。
給料についても都内の病院の中では比較的高いのも魅力の一つだと思います。

全体を通しての感想

のんびりしすぎず、忙しすぎて疲弊せず、とバランスが絶妙な感じの印象を受けました。
医局からの支配があまりないので、診療科ごとの垣根が低いのは魅力的かもしれません。
なので採用についても人柄を見ている傾向が強い印象でした。
偶然私が見学したときも、後期研修医の先生に、私の見学態度など様々な項目について記入する紙がこっそり渡されているのを見ました。
なのでマッチングでも見学時の態度がかなり影響してくるのではないかと思います。

試験内容

面接と事前提出の小論文だったと思います。

この体験見学レポートの研修施設
河北
河北総合病院
〒166-8588
東京都杉並区阿佐谷北1-7-3
TEL: 03-3339-2121  
  • レジナビで施設情報を見る

関東エリア(東京)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.