武蔵野赤十字病院の見学体験記東京都

投稿日:2014年07月30日

投稿者:おっさし

診療科救急救命科, 総合診療科(家庭医)

見学の病院を選んだきっかけ

初期臨床研修病院として有名なので。
実家が近い。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<総合診療科>
初期研修医と一緒に一日行動した。
病棟と1次2次救急外来が主体で、外来では上級医の指導のもとに患者さんの診察を行い、
病棟ではエコーや病理など主体的に学んでいた。
病理のグラム染色は研修医が染めて提出し、病理からの返答を聞くというスタイル。
見学当日は朝にカンファを1時間ほど行い、午前は外来にて診察(患者1人)。
午後は病棟管理を行っていた。

夜間:<救急外来当直>
救急は1年目の先生1人と2年目の先生1人が主体となって外来を見ていた。
問診から検査の決定まで、研修医がすべて判断する。
一応、後ろに上級医がひかえているが、ほとんど意見を聞くことはなかった。
2年次になると一夜で25人ほど診られるようになるらしい。

病院の雰囲気

増築を繰り返したという病院の内部は迷路のように入り組んでいる。
とても大きい病院で、先生の数も多い。
カンファレンスや病棟などでの上級医からの指導は手厚い。
一方、救急外来は2年目の研修医から1年目に教えるという形で、判断も研修医が行う。
病理や検査は研修医が主体的にかかわる形で学んでおり、やる気をだせば多くを学べる印象。
全体として病院の雰囲気は活気があり和やかなイメージ。

病院のお勧めポイント

夜間救急外来は人により向き不向きがあるだろうが、研修医のころから主体的に外来を経験したい人にはよい。
2年目の先生の診察能力はほかの病院に比べずば抜けていると感じた。
研修医の仲もよく、和気藹々と研修を行っている印象を受けた。
感染症の指導は手厚いため、感染症を学びたい人にもお勧め。

全体を通しての感想

さすが超人気病院として有名なだけはある。
病院全体で研修医を育てる雰囲気ができている。
武蔵野市もとても住みやすそうな環境であり、立地もよい。
あとはこの高倍率をどうしたら合格できるのかといったところ…

試験内容

○一次試験 小論文
4つに分けられている試験日程のひとつで60人ほど受験。つまり全部で受けている人数は…。
A4一枚の英語を読む。英語は難しくない。紙の辞書持ち込み可能だがほとんど使わなかった。
内容はアルコール中毒の病識がない患者の診察と、患者が心配で精神的に参ってる母親の話で、
母親の心のケアも必要だという感じの内容。思ったことを書きなさい。(800字)

○二次試験
60→21人くらいにしぼられて3グループに分けられグループ討論と個人面接。
グループ討論は「人はアイデンティティーが必要だ。そのアイデンティティーが失われた状態がすなわち病である。」というお題を討論しなさい。(40分くらい)
討論の仕方は事前にみんなで話し合って決める。

個人面接は履歴書をもとに質問される。和やかな雰囲気で厳しい質問は一切なかった。

この体験見学レポートの研修施設
武蔵野
武蔵野赤十字病院
〒180-8610
東京都武蔵野市境南町1-26-1
TEL:0422-32-3111
FAX:0422-32-3525
  • レジナビで施設情報を見る

関東エリア(東京)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.