東京医科歯科大学医学部附属病院の見学体験記東京都

投稿日:2016年02月17日

投稿者:Sprint

診療科循環器内科

見学時の補助

■食事補助あり
たまたまだったが遅めの朝食を買って頂いた。昼食はキャンパス内のレストランでごちそうになった。



見学の病院を選んだきっかけ

将来的な就職先として首都圏も視野に入れており、また結構な数の初期研修医の定員があるにも関わらずほぼフルマッチするこの病院について、実際に自分の目で見てどのようなところか知りたかったから。



見学当日のスケジュール(見学した診療科等)


<1日目 循環器内科・遺伝子診療科>

08:00 集合
08:15 カンファレンス
08:45 教授回診
09:15 初期研修医と回診、ER、ICU、心カテ見学

(途中昼食含む)


15:00 (遺伝子診療科)オリエンテーション、面談室の紹介
17:00 アンケート記入


<2日目 遺伝子診療科>

10:45 集合
11:00 外来見学(面談に同席)
12:00 先生、遺伝カウンセラーの方と昼食



強い・おすすめの科

■循環器内科

見学の注意点

JR御茶ノ水駅からすぐなので、アクセスには困らないです。白衣と名札を持っていきましょう。診療科によるかもしれませんが、白衣の下はワイシャツでもケーシーでもよいとのことでした。集合場所をキャンパス内のマップで調べておくとよいかもしれません。

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):5

大学病院ということで一通りの設備は揃っています。広めのカテ室があり、そこに関しては新しくできたところだそうです。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい

研修医同士(5段階評価):5
指導医・上級医との関係(5段階評価):4
コメディカルとの関係(5段階評価):4

同大出身の人が多いので、そういう人に関しては見知った仲という感じでした。他大出身の人もなじんでいるようでした。プログラム1とプログラム2で研修医同士の仲は変わってきそうではありました。初期研修医の先生と指導医の先生が気軽に話していたので、その間の雰囲気も良いようでした。

病院のお勧めポイント

選択次第で、初期研修2年間のうち、1年間を大学病院、もう1年間を協力病院にて研修を行えるので、どちらにも行きたいという人にはお勧めかもしれません。同期もたくさんいるので、大勢でワイワイというのが好みな人にもよいのではないでしょうか。大学病院の雰囲気はどこもそんなに変わらないと思いました。

見学全体を通しての感想

市中病院とは違って、カンファレンスでみっちり教育される感じが強かったです。循環器内科は人手不足らしく、担当の研修医の先生は救急よりも忙しいと言っていました。遺伝子診療科は、日によって外来があったりなかったりで、症例もまちまちなので、こちらの都合と診療科の都合が必ずしも合うとは限りません。また、臨床遺伝専門医になるにはその前に何かしらの専門医の取得が必要なようです。

この体験見学レポートの研修施設
tokyoikashika
東京医科歯科大学医学部附属病院
〒113-8519
東京都文京区湯島1-5-45
TEL: 03-3813-6111
  • レジナビで施設情報を見る

関東エリア(東京)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.