城南福祉医療協会大田病院の見学体験記東京都

投稿日:2009年07月12日

投稿者:空手ボーイ

はじめに

大学からポリクリの一環の家庭医実習として1週間、見学に行ってきました。
私が訪問したときは他に見学者はいませんでした 。あまり有名ではないのか、見学に来る学生が少ないのかもしれません。

スケジュール

家庭医実習のプログラムだったので、往診や訪問看護、デイサービス、病棟、外来、患者会の会長さんとの対談などを経験することができました。
見学者の希望によって学生担当の方が時間単位のプログラムを組んでくれるなど、スケジュールは柔軟に対応していただけます。

見学してみての印象

城南福祉医療協会大田病院は、医師数や床数、診療科、いずれをとっても大規模なものではなく、そのためもあって殆どの院内スタッフ(医師、看護師から事務の方まで)は顔見知りでした。医師が少ないため、ときには入院患者さんの疾患の専門医がおらず、研修医がその疾患に最も詳しい、ということさえあります。メリットとしては、科目間での融通が利くため、現在回っている専門科以外の疾患についての症例を診られることがありますし、他の科の研修医の先生に相談をすることも比較的容易です。ただし、入院される患者さんの数が多くはないので、学べることが偏る可能性はありますし、専門医のいない科について、詳しく学ぶことができるかというと疑問は残ります。
もちろん、同期も多くはありません。

職員同士の仲や面倒見のよい点は、強調していいかと思われます。
診療科の先生みんなで一緒に昼食を食べながら、情報交換や飲み会の約束などよくコミュニケーションをとっているという印象です。
また、研修医がやりたいことを希望すると、それに添うように協力してくれる体制が整っており、たとえば見学者に対しても学生担当職員さんが二名いらっしゃって、スケジュール管理や色々な面倒を見てくれています。
また私が訪れた際には、見学者歓迎会ということで4人の先生方が集まってくれました(うち研修医の先生1名)。
私の感想としては、職員の皆さんが温かく、まるで自分の大学で実習をしているかのような1週間でした。

どんな方に向いている研修先か

こちらの病院は、地域住民がお金を出し合って作った歴史もあり、建て替えなどのお金も、殆どが寄付でまかなわれているそうです。

また病院の理事に患者会の方が含まれており、経営側の立場に患者さんの目線が入っているという点が、特徴的だと思います。

つまりその意味において、中心に据えているのはプライマリーケアであり、大学で行われているような高度最先端医療はまず経験しにくいと思われます。

例えば「10万人に一人の脳腫瘍」を扱ってみたい、という方には向かないと言えるでしょう。
 私自身は医師としてコモンな病気を診られるようになりたいと感じていますので、その点では希望に合うのですが、それだけで十分かというとまだ迷っているところがあります。
 また同期の研修医が少ないという点について、多少ネックに感じています。

というのは、辛いときやモチベーションの下がっているとき、同じ境遇の仲間がいればお互いに支え合い刺激し合い、一緒に成長していくことができますが、いないと寂しい思いをするかもしれません。
そして同じことを学んでも、その内容を共有できる仲間がいれば、一人のときの何倍もの内容を吸収できるのではないでしょうか。
 ただ、それでも見学してみての感想としては、コモンな病気、プライマリーケアにどっぷり浸かりたい、そんな方には、最適な病院ではないか、と感じました。

この体験見学レポートの研修施設
城南福祉医療協会大田病院
城南福祉医療協会大田病院
〒143-0012
東京都大田区大森東4-4-14
TEL: 03-3762-8421
FAX: 03-3762-0743
  • レジナビで施設情報を見る

関東エリア(東京)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 半田市立半田病院
    愛知県

    半田市立半田病院

    投稿者:アピ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 市立加西病院

    兵庫県

    市立加西病院

    投稿者:0

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

  • 市立大町総合病院
    長野県

    市立大町総合病院

    投稿者:きゅん

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.