厚生労働省の見学体験記東京都

投稿日:2012年12月11日

投稿者:えのさん

見学の病院を選んだきっかけ

公衆衛生の授業で厚生労働省に勤務する医師免許をもった医系技官が紹介されたのを聞いて、同じ医師でも全く仕事内容の違う政策に関与する仕事に興味をもった。
厚生労働省というお役所仕事に興味をもった。

見学当日のスケジュール

(2012年11月22日)
昼12時、昼食から開始、医系技官2年目の方と昼食。
厚生労働省内の厚生科学課に13:30に集合し、他大学を含む4人に対して説明会が16:30まであった。
説明してくれたのはいずれも医系技官1年目から17年目の人まで。
それぞれが各自の仕事内容を発表してくれた。
≪1≫
医政局総務課・・・全国の病院などの施設の設置に関する政策について。
各都道府県の人口や面積を考えて病院、特定機能病院の承認をしている。
データで見ると偏在が著しいので、これを改善しようと制度を作っていた。

≪2≫
医政局医事課・・・医師、診療科の偏在、大学医学部の定員、どのように地域に残ってもらうか、チーム医療の推進、専門医標榜制度改訂などをしている。

≪3≫
老人保健事業・・・エビデンスを集約し専門科による検討、予算獲得の交渉、実施維持、フィードバックを行う。

≪4≫
公害の対応・・・イタイイタイ病など公害の認定者はニュースでは見なくなったが現実にはまだたくさんの被害者がいる。
その方や家族と連絡を取り保障や賠償金などの対応をする。
自分でも公害の勉強をする。

≪5≫
包括的な説明・・・医系技官の人数、出張先、勤務形態、仕事内容を紹介。質問の時間。

病院の雰囲気

外見は正多角形のビルで入り組んでいる構造ではない。
窓の形なども全て同じとなっている。
一階から最上階まですべて同じ。
無機的な感じがした。
入口は2重のチェックになっていて警備員が一つの入口に4人いた。
中に入ってからもカードによるチェックとオートロックがあった。
中は事務仕事が行われているので、医師も働いているのだが患者とか医療器械、医療スタッフがいる病院独特の雰囲気はなかった。
全スタッフがスーツ、女性は例外有りだったので、医師が働いているとは思えなかった。
白衣や手術着などは一切ない。

病院のお勧めポイント

自分の興味がある分野や、制度改正をしたい分野があればその部署の見学希望を提出することをお勧めする。
周辺には他省庁や日比谷公園、新聞会社があり、テレビ撮影をよく見かけるのでそういった雰囲気を見ると、制度に携わる医師の働き方も病院と違った良さがあるのではないかと思う。
厚生労働省の医系技官は全部で250人いるので、希望すれば様々な分野の方と話をすることができる。
ただし皆忙しいので一ヶ月前にはアポイントを取りたい。

全体を通しての感想

医師免許を取得してから2年の初期研修が医系技官になるために必須なので、就職は最短でも26才である。
実際には臨床経験後30才頃に就職する人もいた。
医系技官は基本的に患者を診ることがなく、デスクワークが中心となるが、臨床を経験しているからこそ、制度などの問題点が内部事情からわかったりするので、決して臨床経験が患者を診ないからといって無駄になるわけではないことがわかった。
医系技官には省庁内外から提案などが頻繁に提出されるので、現場の声を理解する経験と能力が要求される。
現場の声は机上の勉強だけでは理解できないことが伝わってきた。
実際に私に話をしてくれた医系技官は4年くらいの臨床経験があり、医療の問題点をマクロ視点で解決したいという想いから医系技官となった。
労働時間は医師と同じかもしくはそれよりも長いかもしれない、ただし土日は基本休み。
とても忙しいと仰っていた。
給料は公務員の規定に従うので、医師免許をもっていてもその分は給与に反映されない。
つまり同期の医師よりも給与が少ないことになる。
自分の信念とか使命感で日本の医療を変えたいと思う人ができる仕事だと思った。

試験内容

小論文と面接、面接は2次まである。

宿舎について

独身寮がある。
間取りや家賃不明。

この体験見学レポートの研修施設
厚生労働省
〒100-8916
東京都千代田区霞が関1-2-2
電話:03-5253-1111(代表)

関東エリア(東京)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.