三井記念病院の見学体験記東京都

投稿日:2011年04月26日

投稿者:医たまご

見学の病院を選んだきっかけ

三井記念病院は初期研修指導として歴史があり、混合病棟の中で幅広く疾患を診る力を学べる病院であると聞いて見学させて頂きました。
また、専門科でも実力ある科が多く、将来に渡り、目標とする医療を実践できる場として魅力的な病院であると感じているので見学をしました。

見学当日のスケジュール

見学日程は、3日間となっており、各病棟チームへ振り分けられ、その中で担当して頂く医師と行動します。
朝8時30分に病棟へ集合し、各カンファレンスへ参加します。
その後は先生の病棟業務を見学し、診察や検査を見学しました。
適宜他の先生で勉強になる場面や症例へ立ち会わせて頂きました。
カンファレンスが豊富であり、その場で研修医の先生方は自分の担当患者のプレゼンをし、専門科の先生から修正や助言を頂いていました。
各カンファレンスは30分から2時間程でした。
また、初期研修医が担当する救急や緊急入院を見学させてもらい、初期研修医の先生方の実力を見て、多くのことを学ぶ機会を設けてもらえました。

病院の雰囲気

入院病棟は新築されたばかりであり、すごく綺麗で立派な建物でした。
外来棟も改築途中でした。
三井記念病院の特徴でもある、病棟チームの先生方は担当患者が多く、さらに混合病棟であり、様々な疾患の患者を担当しているので非常に大変そうでした。
しかし、上級医への相談体制がしっかりしているので、自分で判断し兼ねる場面では即座に相談し、サポートが得られる体制でした。
また、カンファレンスでのプレゼンでも上級医からのアドバイスを頂ける場面はあり、「一年目から主治医」になり、多くの患者を担当する重圧もフォローされていると感じました。
病棟チーム内での相談体制や、一年目から主治医となり医療を提供する体制は大きな魅力的ポイントの一つです。
初期研修医の先生が行う救急や緊急入院は、緊張の場面でした。

病院のお勧めポイント

三井記念病院の病棟は、混合病棟であり、各フロアーを基本的に病棟チームが担当していく体制でした。
チームは、五年目から一年目までで構成され、一年目には原則で五年目の先生が一緒に担当してくれるそうです。
3年目からは、専門科を決めていて、そこの科への参加もあり、非常に多忙であるとのことです。
病棟では、上級医からのバックアップがあると言っても基本的に一人で診察し、検査・治療の予定を立てていくので、そのプレッシャーの重さは想像し難いほど重いものであると感じました。
また、そのような体制なので、一年目から救急や当日入院の担当をすることで、自ら考える力や実践力を養う場としては申し分ないと感じました。

全体を通しての感想

レジデント制度で歴史ある病院であり、その体制が非常に魅力的な病院でした。
また、有名病院の特徴でもあるように一人の研修医が多くの症例を担当していました。
混合病棟なので疾患は様々でした。
なので、各専門科へのコンサルトをする垣根は低いことが特徴だと仰っていました。
チームが作られていますが、基本的に一人で行動し、病棟業務を行っている印象でした。
その歴史からも独自の医療マニュアルがしっかりしており、ほとんどの医療業務はそこからカバーしていけるとのことでした。
一年目から主治医となり、多くの患者を担当していくことは非常にハードですが、その重圧の中で医療を行っていくからこそ実力を養っていけると感じました。
やはり、体力に自信がなければやっていけないと感じました。

この体験見学レポートの研修施設
三井記念病院
三井記念病院
〒101-8643
東京都千代田区神田和泉町1
TEL: 03-3862-9111
FAX: 03-3862-9140
  • レジナビで施設情報を見る

関東エリア(東京)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.