横浜市立市民病院の見学体験記神奈川県

投稿日:2017年08月30日

投稿者:at

診療科その他, 消化器内科(胃腸科・肝胆膵)

見学時の補助

■食事補助あり
食堂での昼食無料券を配布される

見学の病院を選んだきっかけ

首都圏にあり大規模の市中病院で全診療科をまんべんなく研修できる病院を希望しており、マッチング試験を受けるつもりで2度見学に申し込みました。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1日目 IBD科/消化器内科>
10:20 総務課集合
10:30 IBD科病棟見学
11:00 IBD科オペ見学
12:30 先生と昼食
13:30 消化器内科病棟見学
15:00 終了

強い・おすすめの科

■内科
■感染症内科
■外科
■消化器外科
■その他  IBD科

見学の注意点

横浜駅からバスで15分。持ち物は名札・動きやすい靴・白衣・筆記用具を指定されました。ロッカーを貸して頂けます。

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):5
市中病院ながらも規模は大きく、十分な症例を経験できます。大きな研修医室もあり、そこでカルテを書くことも可能です。病院自体が数年後に移転するそうなので設備は最新になると思われます。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい
研修医同士(5段階評価):5
指導医・上級医との関係(5段階評価):5
コメディカルとの関係(5段階評価):4
研修医の数も多めで、研修医室は和気藹々とした雰囲気でした。上級医の先生方も指導熱心で見学中も非常に勉強になりました。

病院のお勧めポイント

首都圏にあり、市中病院ながらも規模は大きく、研修医の数も多いです。慶應義塾大学や横浜市立大学からのたすきがけの研修医もいます。診療科もそろっており、ローテートの自由選択期間も長いため各々に合わせた研修が可能です。ハイパーでもハイポでもなく、ちょうどよい忙しさだと思います。

見学全体を通しての感想

見学の有無はマッチング試験に関係しないと公言しており、リラックスして見学できます。IBD科と消化器内科を見学予定でしたが、乳腺外科志望と伝えると、外科の先生がフレキシブルに対応してくださり、乳腺外来も見学することができました。研修医の先生方の雰囲気がよく、楽しく研修できそうだと感じました。マッチング試験のことも詳しく聞くことができました。

試験内容

■面接
学生5人: 面接官3人
テーマを与えられて討論(30分)、その後個人質問(志望動機/1分間自己PR)

■筆記
択一問題(国家試験の過去問)が約40問と筆記1題

■小論文
2テーマから1つ選ぶ。600字。

■その他
なし

この体験見学レポートの研修施設
横浜市立市民病院
横浜市立市民病院
〒240-8555
神奈川県横浜市保土ケ谷区岡沢町56
TEL: 045-331-1961
  • レジナビで施設情報を見る

関東エリア(東京以外)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.