筑波大学附属病院の見学体験記茨城県

投稿日:2016年11月30日

投稿者:みまもり

診療科整形外科

見学時の補助

■食事補助あり
見学前日に医局の先生方、研修医の先生方、看護師さんとで晩御飯に連れて行っていただきました。

見学の病院を選んだきっかけ

整形外科志望で、スポーツ医学に興味がありました。筑波大学では国公立大学で唯一体育専門学群と医学群とがあり、整形外科医でそのような領域に特化している先生方もいらっしゃると考えたからです。また、現役時代には筑波大学を目指していたこともあり、もともと興味があったからです。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1日目 整形外科>
8時 カンファレンス出席
9時 病院の案内の後、手術見学(2.5時間程度)
手術の後研修医の先生方と昼食
14時 手術見学(2時間程度)

強い・おすすめの科

■整形外科 

見学の注意点

田舎ではありますが、秋葉原からつくばエクスプレスに乗れば直接筑波まで行けるので便利です。関東ですが人が多すぎず少なすぎず、という町並みで、生活しやすいと思いました。見学当日の持ち物は特別なものは必要なく、逆に手術見学だけでしたので多すぎると持ち歩くのが大変でした。

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):5

新棟が出来上がっており、整形外科はそちらの病棟を使っていたこともあり、非常にきれいで、かつ広かったです。整形外科が盛んであるとは聞いていましたが、整形外科だけでこんなにも病棟のスペースを占有しているのか、という驚きでした。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい

研修医同士(5段階評価):5
指導医・上級医との関係(5段階評価):4
コメディカルとの関係(5段階評価):5

見学前日に研修医の先生方(前期後期ともに)、若手の先生、上級医の先生いずれもいらっしゃいましたがとても仲が好さそうで、いい雰囲気でした。また、中には他大学から入局されている先生もいらっしゃいましたが、他大学出身者だからといって派閥などができている様子も見られませんでした。

病院のお勧めポイント

研修医の制度が非常に優れていると感じています。大学病院、地方の外病院を複数個所で経験できるため、たくさんの症例を経験できるだけでなく、たくさんの人との関わりが持てたり、自分の適性を探ったりすることも出来ると思います。また、プログラムは研修病院と診療科と、かなり自由度が高く自分で決定できます。自分を高めるために最適なプログラムを自分で作成できますし、なにより外病院をたくさん経験できることにより、金銭的な待遇も優れていると思います。住居手当が出ないのがマイナス要素でしょうか。

見学全体を通しての感想

関東の大学の中でも比較的新しい大学ということもあり、派閥などの必要外でのストレスは比較的少なそうです。また、衣食住ともにいい意味でほどほどという印象でした。駅から大学病院へは少し遠いので車などの交通手段は不可欠ですが、それを除けば比較的生活しやすい環境ではないでしょうか。良くも悪くも大学病院ですので、研修医としては本人のやる気次第で得られるものは大きく変わってくるように思いました。

この体験見学レポートの研修施設
筑波大学附属病院
筑波大学附属病院
〒305-8576
茨城県つくば市天久保2-1-1
TEL: 029-853-3900
  • レジナビで施設情報を見る

関東エリア(東京以外)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.