埼玉医科大学総合医療センターの見学体験記埼玉県

投稿日:2020年06月10日

投稿者:桜木花道

診療科小児科

見学時の補助

■交通費補助あり
実費支給
■食事補助あり
昼食は昼食券をいただき、職員食堂で研修医の先生と一緒にいただいた。

見学の病院を選んだきっかけ

日本一のNICUを見たかった、また私立大学の大学付属(関連)病院も見ておきたかったため

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1日目 小児科>
7:50 集合
8:00 カンファ
9:00 PICU、小児循環器、研究部門、NICU見学
15:00 カルガモの家見学
16:30 解散


強い・おすすめの科

■小児科 

見学の注意点

・駅からかなり離れており、バスで最寄駅から30分くらいかかる。バスの本数も多くはないので事前にバスの時間はしっかり調べておく必要がある。

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):4


建物はやや古かったが大規模病院とあって必要な設備は整っていた。病院内にはコンビニと職員食堂、外来者用食堂、カフェがある。NICUは本当に広かった。GCUも大きい。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→なし

研修医同士(5段階評価):3
指導医・上級医との関係(5段階評価):5
コメディカルとの関係(5段階評価):5


研修医とはほとんど関われなかった。個性的な先生が多く、大学病院にしては?情熱的な先生が多い印象だった。医局の雰囲気は良かった。

病院のお勧めポイント

将来小児科に決めている人にとってはとてもいい環境だと思う。大学付属病院であるが、1次~3次までの小児救急を扱うため、非常に多くの諸例に暴露することができるらしい。とにかく小児の症例を積みたい人にはおススメ。大学病院+市中病院といった実態である。

見学全体を通しての感想

小児科だけの見学であり、他の診療科については不明な点が多いが、滅茶苦茶忙しいというわけではなく、比較的落ち着いた雰囲気の病院である。埼玉県の西半分の小児救急を担っているといっても過言ではないらしく、小児科医としての症例は多く積むことができる。また、この病院の特徴として大学院入学を並行して行えるらしく、研究施設があるため後期研修時には研究も行い、学位も取得することができるのは魅力的だと思った。

この体験見学レポートの研修施設
埼玉医科大学総合医療センター画像
埼玉医科大学総合医療センター
〒350-8550
埼玉県川越市鴨田1981番地
TEL: 049-228-3400
  • レジナビで施設情報を見る

関東エリア(東京以外)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 宇治徳洲会病院
    京都府

    宇治徳洲会病院

    投稿者:ポール

  • 太田記念病院
    群馬県

    太田記念病院

    投稿者:ぐんまちゃん

  • 利根中央病院

    群馬県

    利根中央病院

    投稿者:おこめ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.