日本鋼管病院の見学体験記神奈川県

投稿日:2019年11月27日

投稿者:ダイオウグソクムシ

診療科内科, 放射線科, 整形外科

見学時の補助

■食事補助あり
見学当日の昼食を院内の食堂でごちそうになった

見学の病院を選んだきっかけ

川崎市内で研修医の人数が少なく、少数精鋭の指導を受けられる。内科を広く学べる。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1日目 内科>
9:30 集合。総務より病院概要説明。
10:00 内科概要説明。
10:15 研修医と指導医に同行して見学。
12:00 研修医と昼食。
13:00 終了。


強い・おすすめの科

■内科
■整形外科
■放射線科

見学の注意点

川崎駅よりバスで15分、バス停下車5分。持ち物は筆記用具、白衣、名札。事前に調べるべきことは特になし。どの内科を見学することになるかはその日次第。見学時間は短く設定される。

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):4


研修医が言うには、特に不自由な点はないとのこと。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい

研修医同士(5段階評価):5
指導医・上級医との関係(5段階評価):4
コメディカルとの関係(5段階評価):4


研修医数が少ないので、後期研修医との仲も良好。指導医はマンツーマンで教育してくれて優しそう。コメディカルとの関係も比較的良さそうに見えた。

病院のお勧めポイント

東京や横浜にアクセスしやすく、土日もほとんど休みなので、QOLを保ちたい人向け。選択科目が2年次の6ヶ月間で、内科・外科・整形外科のどれかを選ぶしかないので、マイナー科の研修はできないと思われる。小児科と産婦人科の研修は日本医大武蔵小杉病院。精神科の研修は桜ケ丘記念病院。2年次の放射線診断科2ヶ月間が必修というのが特徴。地域医療研修は近隣企業で産業医。

見学全体を通しての感想

全体的にゆったりと研修をしている様子だった。救急症例も少ないため、じっくりと内科を広く学びたい人に向いている。整形外科が非常に強く、リハビリ施設は体育館のよう。症例や手技の取り合いはなく、マイペースに研修できる。ここ数年前まで、毎年マッチ者が1人国試に落ちていたため、国試に受かりそうかをよく聞いてくる。

試験内容

■面接
学生1人: 面接官4人
志望動機、医師を志した理由、部活、家族の職業、小論文の内容についてより深く、バイト、併願病院とそれらの病院にあって当院にはない良いところ

■筆記
20問40分で、メジャー科より出題。5択。難易度はCBT並みで易しい。みんな8割くらいとれそう。

■小論文
「自分は運が良いと思うか。もし思えばその理由を、そうでなくてもその理由を記せ。」50分で800~1200字。400字詰めの原稿用紙で横書き。

■その他
特になし

この体験見学レポートの研修施設
日本鋼管病院画像
日本鋼管病院
〒210-0852
神奈川県川崎市川崎区鋼管通一丁目2番1号
TEL:044-333-5591
  • レジナビで施設情報を見る

関東エリア(東京以外)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 宇治徳洲会病院
    京都府

    宇治徳洲会病院

    投稿者:ポール

  • 太田記念病院
    群馬県

    太田記念病院

    投稿者:ぐんまちゃん

  • 利根中央病院

    群馬県

    利根中央病院

    投稿者:おこめ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.