国保旭中央病院の見学体験記千葉県

投稿日:2016年11月02日

投稿者:ミッフィー

診療科小児科, 泌尿器科, 消化器内科(胃腸科・肝胆膵)

見学時の補助

■宿泊補助あり
病院から徒歩15分のホテルの代金を払ってもらえる(予約は自分でする)

見学の病院を選んだきっかけ

救急対応の力がつくと評判であり、分娩数の多い病院であったから。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)


<1日目 泌尿器科>
08:30 集合、説明
09:00 手術見学
12:00 昼食
13:00 手術見学、院内案内
17:00 救急外来見学
23:30 終了

<2日目 消化器内科>
07:30 朝カンファ
08:00 病棟業務見学
12:00 昼食
13:00 病棟業務、検査見学
17:00 臨床教育センター長と談話
17:20 見学終了

強い・おすすめの科

■総合診療科(家庭医) 
■感染症内科
■外科 
■消化器外科
■小児科
■産婦人科
■泌尿器科

見学の注意点

東京駅・浜松町から旭までバスで行くのがオススメ。JR鈍行だと非常に遠い。
見るべきポイントは救急外来。研修医が支えあって仕事をしている。

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):5

本館は築5年前後で非常に綺麗。それ以外の棟も汚いわけではない。
住居は駐車場込みで1万円程度。ユニットバスだがIHヒーターがついていて、1人暮らしには充分な広さである。院内に存在する。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい

研修医同士(5段階評価):5
指導医・上級医との関係(5段階評価):3
コメディカルとの関係(5段階評価):5

研修医が主戦力となって回っている科がいくつかあり、そうした科では積極的にお互いを支えあっている。
忙しく疲れている時でも笑いがあり、いきいきと研修している姿が印象的であった。
一部理不尽な上司もいるようだがそれ以外の人間関係はおおむね良好である。
コメディカルとの協力体制ができていて、それぞれがミスを未然に防いでいる。

病院のお勧めポイント

合宿のような雰囲気で、集団で切磋琢磨しながら頑張りたい人に向いている。
救急外来の主戦力は研修医だが3年目以降の先生もおり、1年目は必ず2年目以降にコンサルする形となる。
同期が30人もいるが、症例が多すぎて取り合いになることがない(特に内科系、救急外来)。
待機という独特のシステムがあり、1stコールがその科を回っている研修医になる。従って、当直研修医→該当科の研修医→該当科の上級医という連絡システムとなっている。また入院患者の容態変化も夜間だろうと全て研修医にコールが来る。
忙しいが、暇なときはかなり暇なこともあり、常時きついというわけではない(総合内科は忙しい)。

見学全体を通しての感想

救急外来で患者が詰まっている状況で、各科待機などで居合わせた研修医が当直でないにも関わらず積極的に救急外来の診療を行い、支えあっている姿が印象的であった。2年目の先生方が非常に優秀で、力がつくと思った、ただ、他院よりは精神的ストレスが多いという話もあった。

この体験見学レポートの研修施設
国保旭中央病院
国保旭中央病院
〒289-2511
千葉県旭市イ-1326
TEL: 0479-63-8111
  • レジナビで施設情報を見る

関東エリア(東京以外)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.