船橋市立医療センターの見学体験記千葉県

投稿日:2013年09月11日

投稿者:KK540331

診療科循環器内科, 救急救命科, 消化器内科(胃腸科・肝胆膵)

見学の病院を選んだきっかけ

自分が千葉県出身で、救急医療センターが有名であることから見学をしてみたいと思いました。
千葉県内で3次救急まで診ている数少ない施設のうちのひとつです。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

1日のみの見学だったため、わずかしか見学することができませんでした。
午前中は消化器内科、午後は循環器内科、そのあとに時間外救急の当直を見学させて頂きました。
午前中は消化器内科の先生について内視鏡検査に立会いました。
たまたま研修医の先生が2人ローテーションで消化器内科を回っていたので、色々と研修生活について質問をしながら見学していました。
午後は心カテの見学だったのですが、カテ室には入らず、外の部屋のモニターで見ていました。
救急外来は夜9時まで見学させて頂きましたが、この日はそれほど症例数が多くなかったため、落ち着いていました。

病院の雰囲気

船橋駅から少し離れた場所にあり、しばらくバスに乗っていると、突然巨大な病院が現れます。
外観は比較的新しく、実際に病院内も清潔感があります。
研修医は1学年あたり約10名、上級医の先生もたくさんいらっしゃる印象を受けました。
医師だけでなく、その他の医療スタッフも数多く働いています。
数多くの患者さんを、数多くの医療スタッフで対応していく、船橋市という千葉県内の中核都市の基幹病院という位置づけだと思います。
初期研修医の数が約20名ということで、みんなで楽しく働いている雰囲気を感じました。
千葉大学出身者、あるいは千葉県出身で千葉大学以外の大学を卒業した研修医の先生が多かったと思います。
千葉大学出身者で固められていることはないので、千葉県出身の他大学を卒業した人もその点は心配しなくても良いでしょう。

病院のお勧めポイント

消化器内科、循環器内科にしても半日のみの見学で、しかも内視鏡や心カテや手技ものの立ち会いだったので、それぞれの診療科の全体像をつかむことはできなかったのですが、良くも悪くも標準的な地域の中核病院の雰囲気を感じ取ることになりました。
目当ての救急外来についても同様に、症例が少なかったので多くを語ることはできませんが、初期研修医の当直が、全て救急外来での当直であることは魅力かもしれません。

全体を通しての感想

医師をはじめとして、医療スタッフの数が多く、地域の中核病院としての位置づけです。
研修医の数も多いので、ひとりで仕事を抱えすぎることはなく、仕事もプライベートも適度に楽しんでいる印象を受けました。
上級医の数も多いので、分からないことは聞きやすい体制が整っています。
当直回数は月に4~5回、病棟当直はなく全て救急外来での当直となります。
救急の初期対応を身に付けるにはちょうど良いかもしれません。
ハードすぎず、暇すぎず、自分のペースで研修をしていきたい人にはオススメの病院です。

この体験見学レポートの研修施設
船橋市立医療センター
船橋市立医療センター
〒273-0853
千葉県船橋市金杉1-21-1
TEL: 047-438-3321
FAX: 047-438-7795

関東エリア(東京以外)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.