横浜労災病院の見学体験記神奈川県

投稿日:2014年10月29日

投稿者:オラフ

診療科救急救命科

見学の病院を選んだきっかけ

地元の横浜で研修病院を探していましたが、3次救急まで行っており研修内容が充実していると評価を聞いていたので、一度見学に行ってみようと考えていました。

見学当日のスケジュール

08:15 臨床医研修センターに集合
午前  救急科見学~初期研修2年目の先生について救急搬送されてきた患者さんへの対応・処置を見学
(自由に見学していていいよと言われました。)
12:00 研修医の先生と食堂で昼食
午後  他科を回っている1年目の先生が院内の案内やマッチングについてお話してくださいました。
15:00 救急科に戻り、16時半ごろまで見学

強い・おススメの科

■整形外科 ■救命救急科

見学の注意点

新横浜駅から10分弱でアクセスは問題なかったです。
持ち物は事前に白衣・聴診器・名札(顔写真付き)と指示されていました。
集合時に、昼食は食堂か売店で購入してもらうことになるので小銭を用意しておいてくださいと言われるので用意しておくといいです。(実際は研修医の先生がごちそうしてくださいました)

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):4


新しい病院ではありませんが、院内はきれいで明るい印象でした。
また、研修医室は広めで隣に休憩室(PC2台あり)もあり、ネットも使えるそうです。
研修医の先生は食堂・売店の営業時間が少し短いのが困るときがあるとおっしゃっていました。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか:はい


研修医同士(5段階評価):5
指導医・上級医との関係(5段階評価):5
コメディカルとの関係(5段階評価):4


学年内も学年間も仲が良い印象で、お互いに良い刺激を与え合いとてもモチベーションが高いように感じました。
上級医の先生方も熱心な先生が多く、コンサルトしやすいような雰囲気でした。
また適宜「○○はした?」などの誘導をしたり、質問に対しては丁寧に応じてくださっていました。

病院のお勧めポイント

3次救急の病院で年間8,000台と救急車受け入れ台数も多く、様々な患者さんを診られると思います。
基本的には研修医がファーストタッチをするので、手技も身につけられると思います。
救急科の他は整形外科のドクター数がかなり多く、整形を考えている人にはお勧めかもしれません。
また、研修医の先生のお話だと、病院全体のスタッフ数が充実しているので余裕があり、勉強時間なども確保できて無駄のない充実した研修ができているとのことでした。

見学全体を通しての感想

研修医の先生方の主体性がとても強く、説明会で伺って想像していた以上に充実した研修風景を目にすることができました。
また、労災病院というだけあり、福利厚生面もかなり考慮されているそうで、何かと魅力的に感じられ人気病院の理由が分かった気がします。

試験内容

■面接
学生1:面接官7
病院の志望動機、なぜ医師を志したのか、大学での活動について など


キャラクターを重視しているそうで、履歴書の内容について聞かれることが多かったそうですが、適切な応答ができているかコミュニケーション能力をチェックされる感じだとおっしゃっていました。


■筆記
内科・外科・小児科・産婦人科の選択式
国試の過去問レベル


■小論文
800字 60分
テーマは話題になっている医療関連のものがよく出されるそうです。

この体験見学レポートの研修施設
横浜労災
横浜労災病院
〒222-0036
神奈川県横浜市港北区小机町3211
TEL:045-474-8111
FAX:045-474-8323

関東エリア(東京以外)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.