東京ベイ・浦安市川医療センターの見学体験記千葉県

投稿日:2014年04月23日

投稿者:HAHAHA

診療科救急救命科

見学の病院を選んだきっかけ

医学界新聞での臨床教育の取り組みについてのページを読み、また、EM Allianceなどでの活動記録を読み興味を持ったため。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

見学日は1日見学で、救急診療科を見学しました。
見学のスタイルとしては後期研修の先生について回るというスタイルでした。
午前中は受け持った患者さんが1人と予想以上に暇でしたが、これには理由がありました。
病院の特色として、午後になるまでは外来で患者を担当するということで、救急の方には救急車以外は回ってこないため、救急外来の患者が来ないためでした。
ただ午後になると突然一挙に患者さんが押し寄せ、常に患者さんを3~5人程度抱えながらと忙しくなりました。
見学終了後は特に感想文などはなく、時間になったら先生の許可を得て解散という形です。

病院の雰囲気

病院全体の活気があることが、メディアを通してなんとなく感じていましたが、全くその通りでした。
指導医の先生はいらっしゃいますが、基本的には若手に責任を持たせてしっかりと取り組ませようというスタンスのようです。
そのため、救急の病棟にいるほとんどが若手の先生でした。
ただ、しっかりとした指導医の先生に鍛えられているだけあって優秀な先生が多かった印象でした。
看護婦さんもテキパキと動いていて、とにかく若手によって活気に満ちた病院という印象です。
医局関連の病院ではないので、その点他科同士との垣根が低いのも一つの特徴だと思います。
指導医レベルの先生は海外留学経験者も多いため、カンファレンスには知り合いの外国の先生も招待されて、教育の一旦を担っているようです。

病院のお勧めポイント

初期研修医の募集は2013年度からスタートです。
研修医の枠が2名と非常に狭い割に、病院研修としては魅力的なので狭き門ではあるかもしません。
ただ、関東近郊の病院でここまで若手に責任を持たせて取り組ませて、病院全体を回そうというスタンスを持っている病院は他にはあまりないかもしれません。
関東近郊の病院で、いわゆる地方にあるブランド病院のような研修を受けたい人にはぜひともおすすめです。
ただ食堂がないので、基本的にはコンビニ弁当になってしまいます。

全体を通しての感想

ただ、研修が充実している病院というのではなく、自分たちが医学の世界に情報を発信していこうという考えを持っている若い先生が多い印象でした。
私が見学した際は後期研修から来ていた先生が多く、USMLEを持っている先生もいらっしゃいました。
自分の将来設計を自ら描きたいという方にとっては、色々な先生がその手助けをしてくれるような環境も整っている病院だと思います。
医学生でこの病院を知っている方というのはやる気がある方が多く、私が見学したときに来ていた医学生も非常に勉強熱心で刺激を受けました。

この体験見学レポートの研修施設
東京ベイ・浦安市川医療センター
〒279-0001
千葉県浦安市当代島3丁目4番地32号
TEL:047-351-3101
FAX:047-352-6237

関東エリア(東京以外)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.