国立病院機構 水戸医療センターの見学体験記茨城県

投稿日:2015年09月24日

投稿者:匿名希望

診療科呼吸器内科, 消化器内科(胃腸科・肝胆膵)

見学時の補助

■宿泊補助あり
希望すれば院内の宿泊施設に宿泊可能。

■交通費補助あり
往復の交通費を全額補助していただいた。

■食事補助あり
院内レストランの食券を支給していただいた。

見学の病院を選んだきっかけ

レジナビでお話をお聞きして、3次救急の現場で茨城県ドクターヘリの基地病院であることも知り、興味がわいた。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

09:00 集合、着替え
09:30 消化器科で内視鏡見学
12:00 院内レストランで昼食
13:30 研修医の先生と院内見学
15:00 呼吸器科の回診に同行
16:00 呼吸器科カンファ
17:00 研修担当の先生にご挨拶
17:30 解散

強い・おすすめの科

■呼吸器内科
■循環器内科
■消化器内科
■外科
■救急救命科

見学の注意点

最寄り駅からかなり遠い場所にあり、バスの本数も少ないので、事前に調べておく必要がある。

病院・設備について

電子カルテの使用:なし
5段階評価(1=悪い・5=良い):4

見学に行った際には電子カルテ化はまだされていなかったが、2015年度末までには電子カルテ化されることがすでに決まっている。
設備は新しく、不便なところはない印象。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい

研修医同士(5段階評価):4
指導医・上級医との関係(5段階評価):5
コメディカルとの関係(5段階評価):3

研修医の先生の数が少ない分、研修医同士も仲が良く、上級医の先生から手厚く指導を受けられる。
ある程度大きめの規模の病院なので、コメディカルとの距離はやはりあるように感じた。

病院のお勧めポイント

3次救急を重視した病院なので重症患者の比率が高く、救急外来では例えば外傷に対する対応力が他の病院に比べて身に付くと思う。
入院患者はがん患者の比率が高く、内科、外科問わず豊富な症例が揃っており、幅広く経験を積むことができる。
初期研修で救急科を回る際にはドクターヘリに同乗することができるのも大きな特徴と言える。

見学全体を通しての感想

研修医の先生の数が少ない分、上級医の先生と廊下ですれ違っただけでもいろいろ声を掛けてもらえるらしく、居心地は良さそうでした。
救急に力を入れているということで忙しそうなイメージは確かにありましたが、救急患者に対処できる力を自然と身につけられる点では万全な環境であると思いました。

この体験見学レポートの研修施設
水戸医
国立病院機構 水戸医療センター
〒311-3193
茨城県東茨城郡茨城町桜の郷280
TEL:029-240-7711
FAX:029-240-7788
  • レジナビで施設情報を見る

関東エリア(東京以外)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 半田市立半田病院
    愛知県

    半田市立半田病院

    投稿者:アピ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 市立加西病院

    兵庫県

    市立加西病院

    投稿者:0

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

  • 市立大町総合病院
    長野県

    市立大町総合病院

    投稿者:きゅん

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.