国保旭中央病院の見学体験記千葉県

投稿日:2013年02月26日

投稿者:HM

診療科呼吸器内科, 神経内科, 総合診療科(家庭医), 腎臓内科, 血液内科

見学の病院を選んだきっかけ

国保旭中央病院の先生が私の所属する大学でされたレクチャーの内容に興味を持ち、「GMツアー(:General Mindを持っている、またはGeneral Medicineに興味のある医学生・初期研修医を対象にした、内科総合病棟を体験するプログラム)」に申し込みました。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

総合診療内科、神経内科、呼吸器内科、血液内科、腎臓内科を一度に回るシステムなので、それぞれの科に順に所属する形で見学、実習を行いました。
7:30~ 全体のカンファレンス、そのあと学生は食堂で朝ごはん
8:40~ 指導の先生についてまわります。まずは研修医の先生へ個別指導されるところを見学します。次に回診へ行かれるので、そこで診察をさせてもらい、その内容について先生から指導を受けることができます(厳しいものではありません)。
12:00~ 研修医1年目の先生の行う鑑別診断のカンファレンス
14:00~ 救急に呼ばれれば先生とともに駆けつけ、診察を行ったりレクチャーを受けたりします。また1人の研修医の先生に学生1人がついて、見学をするなど。
19:00~ 研修医2年目の先生に向けた、鑑別診断カンファレンス

病院の雰囲気

国保旭中央病院は、関東で一番敷地面積が広いのだそうです。院内を見学していると、その広さについてはあまり感じられませんでしたが、病院内、医局のある棟、ともに新しくてきれいでした。

電子カルテを使用できるパソコンの画面が2台ずつ用意してあるので、レントゲンやCTの画像を見ながら検査の値を見ることができます。個人的な印象としては、大学よりも優れたシステムが整っているように感じられました(指導の先生はパソコンが古いと言って嘆いていましたが…)。
今回指導をしてくださった先生が熱意にあふれた大変魅力的な方で、この先生のもとで仕事ができればと思いました。しかし、この先生がいらっしゃらない他科の雰囲気を感じることができなかったのは、残念でした。

病院のお勧めポイント

研修医の先生がグラム染色を自分で行って、抗菌薬を考えている姿が印象的でした。「自分で責任をもって診断から治療まで任されている」と自信をもっておっしゃる理由は、このようなところにあるのだろうなと思いました。しかし、任されているとはいえ上の先生は近くにおられるので、安心感もあると思います。

全体を通しての感想

個人的なことですが、国保旭中央病院へ見学に訪れるまでは、「考え方を学び、それを使えるようになる」ことが初期研修での目標でした。しかし実際に病院見学を体験してみて、体を動かしてみて学ぶことも、自分に合っているのではないかなと思うようになりました。そういった意味で、今回の見学で新しい考えを吹き込まれた気がします。
国保旭中央病院では総合内科を推しているようなところがあり今回はその周辺科を見学させていただきましたが、他の科の指導がどのようであるのか分からなかったので、その部分が少し心残りです。

宿舎について

見学時には、病院から歩いて15分ほどのところにあるホテルに宿泊することができます。宿泊代(2泊分)は病院が負担してくださいます。

この体験見学レポートの研修施設
国保旭中央病院
国保旭中央病院
〒289-2511
千葉県旭市イ-1326
TEL:0479-63-8111
FAX:0479-63-8580
  • レジナビで施設情報を見る

関東エリア(東京以外)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.