千葉大学医学部附属病院の見学体験記千葉県

投稿日:2013年05月29日

投稿者:n.k.

見学の病院を選んだきっかけ

実家が千葉県ということで、研修先は千葉県内での病院を考えていました。
千葉大学は友人もおり、お話を伺うと学閥もなく、他大学の学生を快く受け入れてくれるということを聞いていましたので見学にも行きました。
私は膠原病内科に興味があり、千葉県内で膠原病をしっかりやっている病院が千葉大学附属病院だと伺っていたので、その件もあり見学にいきました。

【見学当日のスケジュール】(見学した診療科等)

膠原病内科を1日見学しました。
午前中は、関節超音波を2件ほど見学させていただきました。
自分の大学にはなかったのでとても新鮮でした。
また、その後先生が病棟を案内して下さり、どんな患者さんが入院されているのかなどの説明をしてくださいました。
そこで病棟業務をしていらっしゃる2年目の研修医の先生とお話をさせていただき、千葉大での研修の話やこれからの進路などを伺いました。
その後最上階にあるレストランでご飯をおいしくいただき、お昼休みには医局に案内してくださり、他の研修医の先生や膠原病内科のドクターとお話し、千葉大での研修などをきかせていただきました。
午後は外来を先生の後ろについて見学させていただきました。
山梨大学出身の先生ということで、病気の話以外にも大学の話で盛り上がり、とても有意義でした。

病院の雰囲気

元々千葉大の友人より膠原病内科の雰囲気がすごく良く、先生方がとても優しく丁寧に教えて下さるとはきいていたのですが、きいていた通り本当に良くしていただきました。
関節超音波検査は初めてみるものなので、全く画像の見方がわかりませんでしたが、とてもわかりやすく教えて下さったので、何となくですが、患者さんの今の関節の炎症がどうであるのか、などがわかるようになりました。
外来での先生の患者さんに接する様子もとても丁寧で、患者さんお1人お1人がとても先生を慕っていらしたのが伝わってきて、このような先生になりたいなと思いました。

病院のお勧めポイント

大学病院で多くの研修医の先生方は、1年は外病院を2年は大学病院で研修されるようです。
外病院でcommon diseaseを学び、大学病院では市中病院では診られない疾患も含めてじっくりみることができるのが魅力的だと思います。
また、学閥がないとのことで、他大学の学生を快く迎えてくださることも魅力の1つだと思います。

全体を通しての感想

千葉県内のほとんどの病院が千葉大学附属病院の関連病院であり、千葉大での研修であれば、いろんな千葉県内の病院で勉強させていただけるのだなと感じました。
今回は膠原病内科だけでしたが、とても先生方が親切・丁寧に指導してくださり、有意義な1日となりました。
また、病棟が新棟でとてもきれいな建物で働くことができるのも魅力の1つかもしれません。
交通の面でもJR千葉駅からバスで10分くらいなので、不便はしませんし、駅周辺もお店がたくさんあり、生活するにも良いのではと思います。

この体験見学レポートの研修施設
千葉大学医学部附属病院
千葉大学医学部附属病院
〒260-8677
千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1
TEL: 043-222-7171
FAX: 043-224-3830
  • レジナビで施設情報を見る

関東エリア(東京以外)へ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.