市立四日市病院の見学体験記三重県

投稿日:2018年05月30日

投稿者:田舎者

診療科産婦人科

見学時の補助

■食事補助あり
昼食を食堂で先生にご馳走してもらった。夜、病院の飲み会に連れてってもらった。

見学の病院を選んだきっかけ

働いている先輩に勧められて。四日市で一番大きな病院だから。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1日目 産婦人科>
8:30 集合
8:50 回診について行く
12:00 手術見学(術野)
13:00 昼食
14:00 手術見学(術野)
16:30 救急見学
17:00 終了
18:30 飲み会

強い・おすすめの科

■救急救命科

見学の注意点

休憩時間など、具体的な指示がないこともあり、戸惑うことが多かった(気にかけてくれる先生もいたが)。見学というよりはがっつりポリクリのような実習だった。研修医の先生とたくさん話したかったが言いにくかったので最初に希望は伝えておくべきだと思った。

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):5

オペ室も病棟もかなり綺麗だった。病床数の割に敷地が広かった。研修医室は広く、机が1人一つある。電子カルテも使いやすそうなタイプのものだった。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい
研修医同士(5段階評価):4
指導医・上級医との関係(5段階評価):4
コメディカルとの関係(5段階評価):3

研修医は1学年定員15名でフルマッチは少ない。研修医出身大学は三重大がやや多いが関西地区を中心に様々な大学から集まるため内輪感はないそう。やる気がある人もそこそこの人も半々くらいだそう。医局は名古屋大学(一部、三重大学、名古屋市立大学)のため、三重県内の他の病院とはカラーが違う。地方病院の雰囲気ではなくサバサバしている印象を受けた。

病院のお勧めポイント

2年目はほぼ全て選択期間なため、やりたい科を自由に取れる。手厚く指導というよりは、自分から上級医に積極的に聞くことで指導してもらえる印象だった。救急は三重県内で2番目に症例が多く、研修医だけでみるためかなり力はつくと思う。麻酔科が3ヶ月と長く、みっちりできるそう。

見学全体を通しての感想

三重県内で最も都会に位置し、名古屋大学系列の病院ということで、他の三重県内の病院とは雰囲気が全く違う。上の先生も様々な大学出身の方が多いので内輪感はなく入りやすい。男子が多く、飲み会も含め、ノリはラグビー部系の体育会系。自分のペースで研修をやりたい人にぴったり。給料は三重県内で中堅。しかし立地を考えると文句なし。

試験内容

■その他
英語試験(センター試験レベル)、面接

この体験見学レポートの研修施設
市立四日市病院
市立四日市病院
〒510-8567
三重県四日市市芝田2-2-37
TEL: 059-354-1111
  • レジナビで施設情報を見る

関西エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 宇治徳洲会病院
    京都府

    宇治徳洲会病院

    投稿者:ポール

  • 太田記念病院
    群馬県

    太田記念病院

    投稿者:ぐんまちゃん

  • 利根中央病院

    群馬県

    利根中央病院

    投稿者:おこめ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.