大阪急性期・総合医療センターの見学体験記大阪府

投稿日:2020年08月26日

投稿者:K

診療科循環器内科, 感染症内科, 救急救命科

見学時の補助

■食事補助あり
昼ごはん(研修医におごっていただいた)



見学の病院を選んだきっかけ

3次救急がしっかりしていると聞いたため。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1日目 救急科>
8:50 医局集合
9:00 救急見学
13:30 研修医とともに小部屋で昼食
14:30 救急見学(ERも)
17:00 解散



強い・おすすめの科

■循環器内科 
■感染症内科 
■救急救命科  


見学の注意点

あべの橋から市バスで15分府立総合医療センター下車、阪堺電気軌道鉄道帝塚山4丁目駅から徒歩10分、それ以外にJRや地下鉄で行くことができるが20分ほど歩く。持ち物は白衣と名札。


病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):5


Hybrid ER(CT、手術などが患者を移さずに行うことができる初療室)がある。ベッド数も多く、パソコンも多かった。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい

研修医同士(5段階評価):4
指導医・上級医との関係(5段階評価):3
コメディカルとの関係(5段階評価):3


救急科部長とは少ししか話すことができなかったが、とても優しくまた気さくでこの人のもとで働きたいと思えた。他のスタッフも優しく、面白い先生もおられる。ピリピリする場面もあった。

病院のお勧めポイント

“大阪を代表する高度救命救急センターで重症患者が多く運ばれてくる。上級医は搬送連絡から状況を想像して、研修医一人一人に役割を与えており、搬送された患者に対して胸骨圧迫などの基本的な処置をしたり、集中治療室の患者の血液ガスを採取していた。
3次救急をバリバリやりたい体力に自信がある人に向いている。最近はERも増えてきているみたい。”

見学全体を通しての感想

当然かもしれないが救急を回っている研修医は少し疲れていた印象。研修医が多いので助け合うことが大事だなと思った。実際研修医同士の仲が良かった。学生をターゲットとした勉強会が毎年開催され、そこでは大阪の救急医が集まってレクチャーをし、様々な実践的な体験(トリアージなど)ができるようだ。


この体験見学レポートの研修施設
大阪急性期・総合医療センター
〒558-8558
大阪市住吉区万代東3丁目1番56号
TEL:06-6692-1201(代表)

関西エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 宇治徳洲会病院
    京都府

    宇治徳洲会病院

    投稿者:ポール

  • 太田記念病院
    群馬県

    太田記念病院

    投稿者:ぐんまちゃん

  • 利根中央病院

    群馬県

    利根中央病院

    投稿者:おこめ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.