京都大学附属病院の見学体験記京都府

投稿日:2020年08月26日

投稿者:はくせき

診療科内科, 外科, 形成外科, 救急救命科

見学の病院を選んだきっかけ

肝移植領域で有名な病院なため。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1日目 肝胆膵・移植外科>
8:30 集合
9:00 ポリクリ講義
10:00 手術見学
20:00 手術終了・解散



強い・おすすめの科

■内科 
■外科 
■形成外科 
■救急救命科  


見学の注意点

持ち物:白衣、名札。


病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):4


電子カルテ完備。病院内にはローソンがあります。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい

研修医同士(5段階評価):4
指導医・上級医との関係(5段階評価):5
コメディカルとの関係(5段階評価):4


研修医一人にしか会えなかったので、全体的な雰囲気はどうかわかりませんでしたが、全国から研修医が集まりバラエティ豊かな先生方がおられるようです。指導医も非常に気さくな人が多く、アカデミックな的確な指導をいただけそうでした。オペ室のコメディカルさんとの関係は良好そうに見えました。

病院のお勧めポイント

初期研修のコースは、大学2年間コース、たすき掛けコース、小児・産婦重点、選択枠を1年目で先取りできる特別コースが用意されており、割と一般的です。特別コースは、一番人気とのことで、枠も拡充中とのことでした。たすき掛けなどで行ける関連病院も府外の近畿一円に広がっており、京大の影響力の強さがうかがい知れました。最先端のアカデミックなところと、市中病院での初療経験のいいとこどりをしたい方にオススメだと思いました。

見学全体を通しての感想

肝胆膵・移植外科では、肝臓移植を週1例を目標に行われているようです。全国的に見てもこれほどやっている施設はかなり稀です。また、一般的な肝胆膵領域の手術も行っているので、移植だけしかできないわけではなく、『つぶしのきく』肝胆膵外科医になれる環境が揃っています。専攻医になると、市中病院に赴き、若手の内から執刀することができるようです。肝移植という特殊な手技に少しでも興味がある方はぜひ検討してみてください。


この体験見学レポートの研修施設
京都大学医学部附属病院画像
京都大学附属病院
〒606-8507
京都府京都市左京区聖護院川原町54
TEL: 075-751-4839
  • レジナビで施設情報を見る

関西エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 宇治徳洲会病院
    京都府

    宇治徳洲会病院

    投稿者:ポール

  • 太田記念病院
    群馬県

    太田記念病院

    投稿者:ぐんまちゃん

  • 利根中央病院

    群馬県

    利根中央病院

    投稿者:おこめ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.