兵庫県立尼崎総合医療センター(旧:県立尼崎病院)の見学体験記兵庫県

投稿日:2019年07月17日

投稿者:らんたろう

診療科その他, 循環器内科

見学時の補助

■食事補助あり
昼食は用意してもらい、研修医の先生方と一緒に食べました。

見学の病院を選んだきっかけ

漢方内科という他にはあまり無い科があったので。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1日目>
9:00 集合
循環器内科見学
12:00 昼食
13:00 漢方内科見学
15:30 解散

強い・おすすめの科

■循環器内科
■その他  漢方内科

見学の注意点

電車の駅からは遠いですが、バスが病院まであります。名札、白衣、院内シューズが要ります。

病院・設備について

電子カルテの使用:なし
5段階評価(1=悪い・5=良い):4


建物は新しくキレイである。屋上に散歩スペースがある。ワンルームの新しい寮がある。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい

研修医同士(5段階評価):5
指導医・上級医との関係(5段階評価):4



研修医同士は仲がよさそうであった。指導医との関係ははっきりしないが、研修医室は指導医の部屋とは別であるので、息が詰まるようなことはなさそうである。

病院のお勧めポイント

当直は一年目3人入るので同期は20人と多いが1ヶ月4、5回当直に入ることが出来る。当直は多いが、当直明けは帰ることができるので、QOLは高めであると感じた。指導医が多いので教えてもらいやすいが、自分から参加しないと上級医が仕事をしてしまうので勉強には積極性が必要である。内科はそろっているので、症例を集めやすく内科の専門医は取りやすい。建物は新しい、また救急搬送も1日平均約30人と多いので研修の環境としては整っていると感じた。

見学全体を通しての感想

午前中は指導医の先生や、研修医の先生と話をすることができた。昼食時には他の科を回っている研修医の先生の話も聞くことができた。大体3回ほど見学に来ているようである。有名な科は循環器内科である。研修医同士は仲がよさそうであり、表情も明るく楽しそうであった。採用については各科で採用し、メジャーは二人、マイナーは一人である。将来の科については途中で変えてもいいので安心である。漢方内科は東洋医学の研修先にもなっている。見学の感想としては小さな大学病院といったものである。

試験内容

■筆記
国試のような問題。マイナーもでる

■小論文
私の理想の医師像

■その他
英語は辞書持ち込み可。センターレベル

この体験見学レポートの研修施設
兵庫県立尼崎総合医療センター画像
兵庫県立尼崎総合医療センター(旧:県立尼崎病院)
〒660-8550
兵庫県尼崎市東難波町2-17-77
TEL:06-6480-7000
  • レジナビで施設情報を見る

関西エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 宇治徳洲会病院
    京都府

    宇治徳洲会病院

    投稿者:ポール

  • 太田記念病院
    群馬県

    太田記念病院

    投稿者:ぐんまちゃん

  • 利根中央病院

    群馬県

    利根中央病院

    投稿者:おこめ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.