西脇市立西脇病院の見学体験記兵庫県

投稿日:2015年11月18日

投稿者:とまとん

診療科内科, 救急救命科

見学時の補助

■食事補助あり
昼食は先生方と社員食堂でいただき、ご馳走していただいた。

見学の病院を選んだきっかけ

兵庫県の地域医療に関心があったため。
また、地域の中核病院であるため、様々なケースを経験できる。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

10:00 病院概要の説明、研修医宿舎・病院施設の案内
11:00 上部内視鏡の見学
12:00 研修医の先生方と昼食
13:30 救急外来見学(救急患者が搬送されるまでは下部内視鏡やERCPの見学)
17:00 解散

強い・おススメの科

■内科
■消化器内科
■総合診療科
■救急救命科

見学の注意点

アクセスは電車もあるが、新大阪からの高速バスを使うと最寄駅近くまで1時間弱で着くことができます。
白衣はKCでいいです。
研修医の仕事環境、指導医と良好な関係かどうか、どういった症例を研修医は経験するかなどは、見るべきポイントです。

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):4

6年前に病院の建て替えを行ったこともあり、院内はとても綺麗で病床も廊下も空間は広く取られています。
救命室も広く、ごちゃごちゃするようなことはありません。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい

研修医同士(5段階評価):5
指導医・上級医との関係(5段階評価):5
コメディカルとの関係(5段階評価):5

研修医同士や指導医との関係は、医師数がそんなに多くないこともあり、和気あいあいと楽しく仕事ができている様子でした。
指導医含む病院全体として、研修医を大切に育てようという心意気が感じられました。
救急では看護師さんも積極的に採血や技師さんとの連絡を行っており、コメディカルとの関係も非常に楽しそうでした。

病院のお勧めポイント

臨床研修のプログラムの特徴としては、選択が計14ヶ月も組まれており、とても自由度の高いプログラムとなっています。
また、内科に関しては指導医が専門科に縛られない総合内科的な指導医が多くいるため、研修医は様々な科の内科症例を経験でき、気軽に相談することができるとのことです。
救急も平日は1日5~10件、休日は20件近くと程よく経験出来ます。
そのため、あまり忙しくなりたくない人や将来、総合内科医を目指したい人にはぴったりな臨床プログラムだと思います。
また、もうひとつの特徴として主治医制が挙げられます。
これは、まず研修医が患者の主治医となって、すべての患者にファーストタッチします。
そして、分からないことがあれば指導医に相談できますが、オーダーや処置など可能なものは全て研修医が行うという、とてもやりがいのある内容となっているとのことです。
この主治医制は大学病院や一般の市中病院では経験できないことかと思います。

見学全体を通しての感想

病院の綺麗さや電子カルテなど設備に関しては全く見劣りするようなものではなく、病院自体も地域の主役を担うので患者もスタッフもとても明るい雰囲気でした。
医師同士の雰囲気も非常に和気あいあいとしていたので、のびのびと研修することができると感じましたし、実際に研修医だけでなく3年目の先生ものびのびと自由にやっていた印象です。
指導医にもどんどん疑問点を聞いていて、指導医もそれに対して丁寧に教えていたのでそういった暖かさも研修医がのびのびとやれている要因なのだなと感じました。

試験内容

面接試験のみ

この体験見学レポートの研修施設
西脇市立西脇病院
西脇市立西脇病院
〒677-0043
兵庫県西脇市下戸田652-1
TEL:0795-22-0111
  • レジナビで施設情報を見る

関西エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.