若草第一病院の見学体験記大阪府

投稿日:2013年04月10日

投稿者:(・∀・)

診療科呼吸器内科, 救急救命科

見学の病院を選んだきっかけ

自大の関連病院であり、雰囲気も良いと評判で自大の研修のたすきがけの研修病院として人気だったので興味を持ちました。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

午前中は呼吸器内科、午後は救急科を見学しました。
4月上旬でまだ1つ学年が上の先輩方が研修を始められたばかりだったので、午前中は呼吸器内科の部長先生のレクチャー(輸液の必要量や入院患者さんのマネジメントなど)を研修医の先生方と受けました。部長先生は気さくでどのような質問にも答えてくださり、とても勉強になるレクチャーでした。
午後からは救急科の部長先生の講義を聞いた後、初寮室で搬入を幾つか見学しました。救急の受け入れもかなり盛んなようで、いろいろな症例を見ることが出来こちらもとても勉強になりました。

病院の雰囲気

病院は東大阪市花園ラグビー場の近くで、新館と本館に分かれています。病床数は230床で、基幹型の研修医も2名とあまり大きくない病院ですが、先生方は皆さん教育に熱心(定期的に研修医用の講義があります)で、とてもアットホームな雰囲気を感じられる病院です。研修医はたすきも含めると1年次で5人までで、研修医用の医局があります。見学生が来る際にはお昼を用意して頂け、指導医の先生方や、研修医の先生方、事務の方も一緒に机を囲んでのランチが恒例なようで、大学の実習や国試、臨床研修の話まで、様々なお話を聞くことが出来ました。

病院のお勧めポイント

研修医の数が少ない分、手技をかなりやらせてもらえるようです。消化器内科では研修期間中にまず模型から練習を始めて、最終的には上部消化管内視鏡手技も経験できるそうです(私は2年通じて色々な病院を見学・実習しましたが、内視鏡手技を研修医にさせてくれる病院は限られます、特に大きい病院の場合)。また、東大阪ではかなりアクティブに救急搬送を受け入れている病院で、初期研修でER型救急をしっかり学べるのも魅力的に感じました。

全体を通しての感想

先生方が本当に皆さん気さくで優しくて、とても居心地がよく、初期研修を送るには魅力的な病院だと思います。あまり大きな病院ではないので、自分の志望科が無い場合がありますが、初期研修として志望科に拘らず様々なcommon diseaseを経験したいと考えるのであれば、その点では申し分無いように思いました。「将来何科になるかあんまり決まってないけど、とりあえず初期研修ではいろんな病気を勉強したいな」と思う方は、是非一度見学に行ってみてください。

試験内容

8月下旬(他病院のマッチングと被りましたが、相談に応じて頂けました)
事前に小論文2本(自由題1、指定題1)、を郵送で提出。試験日には病院で小論文や履歴書を元に先生方に色々質問されます。面接官は院長先生を含めて8:1くらいで、およそ10~15分間。あまり堅苦しい雰囲気ではなく、私は楽器演奏が趣味だったので、その頃始めたテルミンの話をしました(笑)
採用基準は、面接を受けている限りあまり判りませんが、実習・見学に行くとやはり有利なよう。

この体験見学レポートの研修施設
若草第一病院
若草第一病院
〒579-8056
大阪府東大阪市若草町1-6
TEL:072-988-1428
FAX:072-985-6731
  • レジナビで施設情報を見る

関西エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.