神戸市立医療センター中央市民病院の見学体験記兵庫県

投稿日:2015年03月25日

投稿者:MSS

診療科救急救命科, 腫瘍内科

見学時の補助

■宿泊補助あり
三宮付近のホテルに2000円/泊で泊まれる。

見学の病院を選んだきっかけ

ER型救急があり、また試験がハイレベルなため、各地から優秀な研修医が集まると思ったから。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1日目>
09:30 集合
10:00 講堂にて病院、研修システム説明、ミニレクチャー
11:45 昼食
13:00 初期研修医同行
15:00 研修医によるミニレクチャー、質疑応答
17:00 夜間救急見学

<2日目・腫瘍内科>
08:40 集合
09:00 カンファ
09:30 外来見学
13:00 昼食
13:00 外来見学
15:00 終了

強い・おススメの科

■循環器内科
■総合診療科
■救急救命科

見学の注意点

三宮からのポートライナーは時間帯によってはかなり混みます。
夜間救急を見たい場合は、事前にメールで言っておくとよいです。

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):5


数年前に移転したばかりであり、非常に綺麗だった。
また、ドクタークラークもついており、業務がしやすそうであった。


人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい


研修医同士(5段階評価):5
指導医・上級医との関係(5段階評価):5
コメディカルとの関係(5段階評価):4


研修医は一つの部屋で、奥にくつろげるスペースやカルテが書ける部屋があり、皆仲が良さそうだった。
それだけではなく、小さなカンファレンスを見ていると指導医の先生とも仲良く話していた。
コメディカルとの仲は分からないが、悪い感じはなかった。

病院のお勧めポイント

皆国試レベル以上の難しい試験を受けて選別されたこともあって、意識が高く優秀そうだった。
救急を見ていると、1年目の先生でもかなり手技をしっかりと身につけており、交通外傷患者さんに対しての素早い初期対応も体で身につけている感じだった。
救急だけではなく他の科もしっかりと機能しており、充実した研修ができると思う。
しかし、業務終了後の呼び出しはなく、QOLの高い生活も送れそうだった。
ただし、Walk-inと救急車両方見るうえ、断ることはないので、外傷患者なども来るし、途絶えることはないので眠れず、きついらしい。
給料も手当てやボーナスなどを含めると、実際は割と良い。

見学全体を通しての感想

最初にオリエンテーションがあり、病院紹介や研修プログラムの自由度などを知ることができ、大変よく練られた見学プログラムだった。
また、研修医の先生が多いので、お話する機会がたくさんあり、色々なことを教えてくれた。
過去問は研修医の先生に言えばもらえる。

試験内容

■面接
従来はあまり重視されていなかったが、去年から変わったらしい。
配点は不明。

■筆記
全科に渡った選択式の問題が110分で100問ほどある。
内容は国試より難しく、対策は各人様々であるよう。
過去問も少しは重複するらしい。
配点は100点。

■英語試験
センター試験のような長文問題が3問ある。
それほど難しくはない。
時間は50分で配点は20点。

この体験見学レポートの研修施設
神戸市立
神戸市立医療センター中央市民病院
〒650-0047
兵庫県神戸市中央区港島南町2丁目1-1
TEL:078-302-4321
FAX:078-302-7537
  • レジナビで施設情報を見る

関西エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.