洛和会音羽病院の見学体験記京都府

投稿日:2014年10月08日

投稿者:MSS

診療科放射線科, 総合診療科(家庭医)

見学の病院を選んだきっかけ

総合診療で有名で、優秀な先生方に指導いただけると聞いて。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1日目・総合診療科>
07:00 集合、スケジュール説明
07:30 総診・酒見先生レクチャー
08:00 研修医の先生につく
12:30 症例検討会(昼食)
13:15 研修医の先生につく
17:00 救急外来見学
21:00 終了

<2日目・放射線科>
07:50 症例検討会
08:30 放射線科読影見学
12:00 昼食
12:30 症例検討会 
13:30 放射線科案内、別の研修医の先生につく
16:30 放射線科カンファ
17:00 終了

強い・おススメの科

■総合診療科

見学の注意点

宿舎などは用意されていないので、山科駅のホテルに泊まることになりますが、結構高いです。
そこから病院まではタクシーで移動しなければ遠いので、宿泊費と交通費がネックです。
とにかくレクチャーや症例検討会が多いので、勉強になることでしょう。

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):3

もともと慢性期患者を扱う病院で、研修病院ではない中規模の市中病院であり、やや古い棟もある。
新しくできた棟はもちろん綺麗であるが、研修医のためのトレーニング施設などはないようである。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか:はい

研修医同士(5段階評価):5
指導医・上級医との関係(5段階評価):5
コメディカルとの関係(5段階評価):4

1年目の研修医は全員違う大学出身であり、10人と適度な人数なので、皆さん仲が良さそうだった。
上級医は若い先生も多いが、かなりベテランの先生も気さくに声をかけていたり、昼食を共にしたり、本をあげていたりと、研修医との仲が良さそうだった。
看護師の方も丁寧に研修医に教えていらっしゃった。

病院のお勧めポイント

とにかく症例検討会(毎日)やレクチャーが多く、診断能力や知識は相当身につきそうだった。
反面、手技を学ぶ機会が少ないので、救急での迅速な対応力は身につかないのではないかと感じた。
本を書いている先生が多く、そのようなベテランの先生に直接教えてもらえたり、海外から講師を呼んだりと、非常に教育的な病院である。
また、研修医の方は全員机に教科書類を数十冊置いており、とても意識が高いので刺激になると思う。

見学全体を通しての感想

有名病院であり、規模に対して見学や実習者数が多いため、他の病院見学のように宿泊や交通費の補助、研修医と食事をしたりする機会はないが、研修医を含む各先生方が全員とても教育熱心で、色々教えてもらいためになった。
内科系を考えているなら、一度は見学に行ってみるといいと思う。

試験内容

■面接
学生:面接官=3:7~8
質問内容は多岐にわたり、答えにくい質問も。
その場でどう考え、論理的に答えるかを見ている。

■筆記
当院にある科全般の問題が出る。
80分60問の選択式で、難易度は国試よりも高め。
英語の問題が5問ほどある。

■小論文
「現代人の依存症」、「自分にとって大切なもの」など、テーマは様々。
75分で字数制限なし。
論理の一貫性を見る。

この体験見学レポートの研修施設
音羽
洛和会音羽病院
〒607-8062
京都府京都市山科区音羽珍事町2
TEL:075-593-4111
FAX:075-581-6935
  • レジナビで施設情報を見る

関西エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 半田市立半田病院
    愛知県

    半田市立半田病院

    投稿者:アピ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 市立加西病院

    兵庫県

    市立加西病院

    投稿者:0

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

  • 市立大町総合病院
    長野県

    市立大町総合病院

    投稿者:きゅん

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.