洛和会音羽病院の見学体験記京都府

投稿日:2013年06月19日

投稿者:おきめ

診療科総合診療科(家庭医)

見学の病院を選んだきっかけ

音羽病院は、地元の病院なのですが、患者さんからも信頼の厚い病院です。
また、私は総合診療に興味があるのですが、音羽病院は、総合診療が有名で、NHKのドクターGに出ておられた、酒見先生、金森先生のレクチャーを受けてみたかったからです。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

1日目、2日目ともに総合診療を回りました。

≪1日目≫
7:20集合(朝のカンファレンスに出るため)
朝のカンファレンスが終了後、総合診療の病棟に移動。
総合診療科はチームが3つに分かれており、そのうちの1つのチームの研修医の先生についてまわる形となります。
午前中は、朝の回診があり、チームが担当している患者さんの問診、身体診察、検査等をします。
午前中の回診が終わると、昼食(基本チームで食べました)
昼休みには、昼休みのカンファレンスに参加します。
午後からは、再び病棟に行き、身体診察の取りなおし、カルテ記載などの見学をしました。

≪2日目≫
朝のカンファレンスに参加し、病棟の回診、昼休みのカンファレンスをする点は1日目と同様です。
この日は、CPCのカンファレンスもあり、夕方からはCPCにも参加しました。

病院の雰囲気

スケジュールを見ていただいても分かる通り、学生、ジュニアレジデント、シニアレジデント、指導医の先生方が積極的に参加するカンファレンスがたくさんあり、色々な先生方とコミュニケーションがとりやすいような雰囲気でした。
また、総合診療科の先生は、優しく、わからないところは丁寧に教えて下さいました。
市中病院なので、すごく大きい病院ではないからこそ、先生方がお互いにコミュニケーションがとりやすい環境にあるように感じました。
指導医の先生方が、レジデントの先生方に教えるというシステムが整っていて、見学に行った際にはレジデントの先生方も、学生に丁寧に教えて下さいました。
音羽病院のホームページを見てもわかるように、患者さんを断らないということを公言しているため、患者さんの数は多いように思います。
3人チームの先生で30人程度を担当していて、回診、診察、面接等に追われているような雰囲気でした。

病院のお勧めポイント

ドクターGの先生方が、生でレクチャーして下さり、教えて下さるというのは大きなお勧めポイントだと思います。
また、定期的に、レジデントの先生方もプレゼンテーションしたり、CPCの発表もレジデントの先生が準備しておられたりしていて、内科を目指す人にとっては大いに勉強できる病院ではないかと思います。
カンファレンスには、様々な科の先生が参加されていて、自分のわからないことについて、コンサルテーションしやすい雰囲気もありました。
コミュニケーションがとりやすいというのは良いな、と感じました。

全体を通しての感想

ひとつ気をつけないといけないと思うのは、見学申し込みの注意事項でも書かれているのですが、見学が研修病院として受ける際の点数に入るということです。
これは、試験を受けていないので、はっきりしたことは言えませんが、カンファレンスやレクチャーでは、一番前に学生が座らされてまず、学生があてられて、答えさせられます。
答えられないからといってマイナスになることはないと思いますが、答えることができれば、印象にのこり、プラスになるのではないかな、と感じました。
もし、音羽病院を受けるつもりであれば、受験者数も多いと聞きましたので、カンファレンスなどで、答えられるように日頃の勉強もしっかりした方がよいかと思います。

この体験見学レポートの研修施設
洛和会音羽病院
洛和会音羽病院
〒553-0003
京都市山科区音羽珍事町2
TEL: 075-593-4111
FAX: 075-501-5747
  • レジナビで施設情報を見る

関西エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.