洛和会丸太町病院の見学体験記京都府

投稿日:2014年01月10日

投稿者:匿名希望

診療科救急救命科, 総合診療科(家庭医)

見学の病院を選んだきっかけ

総合診療科が中心となった中小規模病院のため。
有名病院のグループ病院ということもあり興味をもったため。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<救急・総合診療科>
08:00 救急ケースカンファ
09:00 病棟回診
12:00 お昼休憩
13:00 まとめレクチャー
14:30 救急外来見学
18:00 総カンファ

病院の雰囲気

京都の二条にある小規模病院です。
建物は全体的に古く感じました(来年新築移転するようです)。
総合診療科といっても内科救急をはじめとした急性期疾患を主体的に診ているため全体的にスピーディな印象を受けました。
救急車も病院の規模を考えるとたくさん来ていると感じました。
医局は一目で全体が見渡せるので相談もとてもしやすそうでした。
回診中は指導医の先生が医学知識や身体所見について研修医に質問しながら教育しており、かといって緊張するような感じではなく和気あいあいとやっていました。
出身が様々なシニアレジデントの先生方がたくさんいて将来の進路相談などもしやすそうでした。

病院のお勧めポイント

小規模病院ながら急性期疾患をたくさん診ることができる。
救急に強い総合診療を学ぶことができる。
手技が豊富に学べる。
HCUでの全身管理も学ぶことができる。
小規模病院なのでスタッフの先生と距離が近く、進路のことなどいろいろ相談しやすい。
プログラムの中で足りない部分は同グループの音羽病院で補うことができる。
来年(2014年)新築移転されるため、より一層の施設の充実が見込まれる。
京都の二条にあり、アクセスがよい。

全体を通しての感想

病院の規模に比して患者数が多く、その地域に欠かせない急性期病院なのだと思いました。
内科外科問わず1次~2次の患者さんがたくさん来ていました。
エコー、グラム染色などその場ですぐできる手技もたくさん学べそうでした。
指導医の先生は知識豊富でレクチャー内容も充実していました。
ただ初期研修の先生が少ないので(また他科は提携病院で研修しているため)、どちらかというとシニアレジデントの先生方が主体となっているようにも感じました。

試験内容

個人面接のみ(1 vs 3(院長、部長×2))
内容は志望理由、将来像のほか、大学・高校での学生生活や他に受ける病院についても聞かれました。


宿舎について

空いていれば当直室に泊まることも可能

この体験見学レポートの研修施設
洛和会丸太町病院
〒604-8405
京都府京都市中京区七本松通丸太町下ル
TEL:075-801-0351
FAX:075-822-9427

関西エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.