堺市立総合医療センター (旧:市立堺病院)の見学体験記大阪府

投稿日:2015年07月01日

投稿者:MSS

診療科外科, 小児科, 救急救命科, 産婦人科, 総合診療科(家庭医)

見学の病院を選んだきっかけ

身体診察を重視する病院として有名だと聞いたから。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1日目>
08:10 総合内科回診
09:00 オリエン後、1年目の先生について回診やカルテ記載、グラム染色見学
12:00 昼食
13:00 救急見学、部長の講義
17:00 終了

<2日目>
08:00 外科カンファレンス
09:00 手術見学
11:30 昼食
12:00 研修医カンファレンス
13:00 産婦人科 お産見学
14:30 小児科カンファレンス
16:00 研修説明、院長面談
17:00 総合内科カンファレンス
18:00 終了

強い・おススメの科

■感染症内科
■総合診療科

見学の注意点

グラム染色は相当こだわっており、重視されているので、見学中に一回は見ておくと良い。

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):4

古い感じはしなかった。研修医には机と本棚が与えられていた。
2015年夏に病院が新しくなるので、評価は5になるだろう。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい

研修医同士(5段階評価):4
指導医・上級医との関係(5段階評価):3
コメディカルとの関係(5段階評価):4

研修医は各学年7名程度で出身大学はばらばらだが親しく喋っていた。
上級医は非常に教育的だが、するどい質問をするような厳しい雰囲気の先生もおり、精神的に堪えることもありそう。
コメディカルの人も話しかけてくれて、雰囲気は良かった。

病院のお勧めポイント

新規入院患者さんに対しては、全ての身体所見を取るようにトレーニングされており、身体診察をしっかりと身につけることができる。
ただ、手術や内視鏡、CVなど手技に関してはあまり触れる機会がないため、経験は積めない。
内科を基礎から学びたい人にお勧め。

見学全体を通しての感想

特に総合内科で顕著だったが、お互いに教えあう風潮が根付いており、総合内科の先生は必ず質問がないか聞いてくるし、研修医の先生も、些細なことであっても躊躇することなく聞いていた。
2015年7月に病院が移転し、救命センターができ3次救急になったり、心臓外科ができたりするなど、大幅に病院が変わっていくので、来年まで様子が分からない。
しかし、教えあう風潮は消えないと思う。

試験情報

■面接
学生1:面接官5(医師4人、事務1人)
志望理由書に書かれたことに関して聞かれるので、内容は人により様々である。
自分のアピールがしっかりでき、高く評価されれば採用される。
最後だけは答えにくい医療的な問題が問われるらしい。

この体験見学レポートの研修施設
堺
堺市立総合医療センター (旧:市立堺病院)
〒593-8304
大阪府堺市西区家原寺町1丁1番1号
TEL:072-272-1199(代表)
FAX: 072-272-9911
  • レジナビで施設情報を見る

関西エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.