天理よろづ相談所病院の見学体験記奈良県

投稿日:2014年08月15日

投稿者:SYY

診療科救急救命科, 総合診療科(家庭医)

見学時の補助

■宿泊補助あり
研修医の先生方の宿舎に1,000円/1泊で泊まりました。

■食事補助あり
朝:なし
昼:病院食堂で初期研修医の先生におごっていただきました。
晩:2日目の晩に歓迎会を行なって下さいました。お酒の席で色々な話を聞くことができました。

見学の病院を選んだきっかけ

総合診療で全国的に有名であることと、病院のレジデントが著者のプレゼンの書籍を読む機会があり、
実際にどのような研修が行われているのか興味を持ったのが見学に行こうと決めたきっかけです。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

2泊3日の日程で総合診療科の2年目の研修医の先生に3日間ついてまわりました。
基本的に以下の流れでした。

07:30~08:30 朝のカンファレンス、事務連絡
08:45~12:00 病棟業務の見学、上級医による回診に同行
12:00~12:30 昼食
12:30~13:30 休憩
13:30~18:30 病棟業務の見学、救急の見学

1日目は7:15に病院の事務に集合しました。
2日目の夜は研修医の先生方とご飯を食べに行きました。
3日目の最後に上の先生に質疑応答の時間をつくっていただきました。

強い・おススメの科

■総合診療科

病院の雰囲気

他の病院に比べると研修医の人数は多いほうですが、先生方はみなさん大変仲が良いです。
また研修医の1年目と2年目、さらに上の先生方とも仲が良く、ディスカッションも活発に行われており、
風通しの良さを感じました。
また、病棟でも医師と看護師の情報のやりとりも活発で、密に連携して業務が行われているように感じました。
施設については新しく建てられたばかりで大変美しく、みなさん快適に仕事をされているようでした。

病院のお勧めポイント

総合診療科の研修が2年間の間に10カ月あるというのが大きな特徴であり、この期間を通して医師としての土台が
鍛えられているように感じました。
特に総合診療科の名物である朝のカンファレンスでは、受け持ちの入院患者さんについてのあらゆる情報を暗記してプレゼンテーションすることが求められており、実際に先生方が暗記して発表されているのを見て大変驚きました。患者さんを総合的に診るという意味において、総合診療科を希望する学生はもちろん、その他の診療科を考えている学生にとっても間違いなく力がつくと思いました。

見学全体を通しての感想

総合診療科では研修医1人につき何人かの入院患者さんが割り当てられ、検査、診断、治療、退院後のフォローまで責任をもって受け持つことになります。
そのため大変忙しく、場合によっては夜遅くまで病院にいることも決して珍しくないようです。
今回、2泊3日の日程で参加させていただいたのですが、見学させていただいた研修医の先生はもちろん、
他の先生方もみなさん大変やさしく、質問などにも丁寧に応じていただけました。
また患者さんの胸の音を聴く機会を設けて下さったり、その場で簡単なレクチャーなどもしていただけ、
大変勉強になりました。
さらに多忙にもかかわらず上の先生自ら時間を設けて学生の疑問に答えていただき、疑問点を解消させることが
できて感謝しています。とても有意義な見学となりました。

宿舎について

本館のそばの研修医用宿舎に泊まりました。
タオルや洗面などのアメニティはないので自分で用意する必要があります。
近くにコンビニがあるので購入することもできます。

この体験見学レポートの研修施設
天理
天理よろづ相談所病院
〒632-8552
奈良県天理市三島町200
TEL:0743-63-5611
FAX:0743-63-1530
  • レジナビで施設情報を見る

関西エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.