大阪府立急性期・総合医療センターの見学体験記大阪府

投稿日:2013年06月28日

投稿者:小清水

診療科救急救命科

見学の病院を選んだきっかけ

急性期の疾患を扱う病院としては日本でも有数の有名病院で有名な先生もいるので救急科に行った。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

【救急診療科】
朝9時にカンファレンスがあり、ICU、HCUの患者の引き継ぎやプレゼンテーションを行っていた。
当直明けの先生も多くいたがかなりテキパキとこなしていた。
病棟の回診は上級医の先生と研修医が行っており、患者さんとはフレンドリーな感じで行っていた。
救急車は1時間~2時間に1回来て、1日でCPAは2回あった。
準備等は研修医が行っていた。
また、どんな患者でも受け入れるため疾患はかなり多岐に渡っていた。
また、救急診察室にCTや血管造影もあり、その場で全て行うため、救急の先生でもかなり専門性があった。
途中病棟から心肺停止になったと放送があり、救急診療科全員で走って病棟に行き、蘇生を行った。

病院の雰囲気

(1)救急診療科は日本で有数のレベルのため勉強する環境としてはかなり良い。
(2)指導体制も良く、厳しくプライベートでは易しい。
   また、コメディカルとも仲が良く、職場の雰囲気は良かった。
(3)コンビニや仮眠室があり、当直時でも疲れずに仕事ができる。
(4)患者層は色々で危ない感じの患者も多いので精神力が弱い人にはお勧めしない。
(5)研修医に色々させて貰えて大学病院並みの規模だが大学病院より手技などは学べる。
(6)大学や出身地はやはり西日本の人が多いがあまり派閥などは感じられない。

病院のお勧めポイント

急性期の医療を学びたい人には是非お勧めの病院である。
救急の中でも循環器、頭部、外傷と分かれているのでかなり専門的に学べる。
また、面接時にしっかりと将来の進路が救急と決まっているのであればそう答えると良い。
忙しいが、宿舎が近くにあるので助かる。
宿舎はとてもきれい。

全体を通しての感想

大学病院並みの規模の市中病院で研修したい人にはお勧めである。
ただ立地的に買い物や食事などの施設が付近には少ないので、休みの日には少し離れたところまで行かなくてはならない。
院内の勉強環境としてはとてもよかった。
また、先生たちもわからない事にはしっかり説明してくれていた。
当直時にも多くの上級医が待機しているので研修医もあまり心配することはないだろう。
ただ当直時の救急車の搬入数はやはり他の病院よりは多く、また重症患者も多い。

試験内容

英語、国語、面接。

宿舎について

2万円代で病院の前にあるキレイな宿舎に住むことができる。

この体験見学レポートの研修施設
大阪府立急性期総合医療センター
大阪府立急性期・総合医療センター
〒558-8558
大阪市住吉区万代東3丁目1番56号
TEL: 06-6692-1201
FAX: 06-6606-7000

関西エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.