兵庫県立淡路医療センターの見学体験記兵庫県

投稿日:2016年01月27日

投稿者:かわけん

診療科循環器内科, 心臓血管外科, 救急救命科

見学時の補助

■宿泊補助あり
希望すれば病院内の当直室に泊まらせてもらえます


■食事補助あり
昼食は先生方に奢っていただきました

見学の病院を選んだきっかけ

大阪レジナビで話を聞いて、研修医の数、離島にある、病院規模等が自分の希望に合っていたから。




見学当日のスケジュール(見学した診療科等)


<1日目 循環器内科、救急>
08:45 循内カンファレンス参加
09:00 担当の先生と病棟業務見学
10:00 カテ見学
12:00 研修医室でトーク
15:00 カテ(清潔で入れてもらった)
17:00 病棟業務見学
19:30 研修医の先生とご飯

21:00
~  救急見学
23:00



<2日目 心外、救急>
08:45 心外IC見学
09:00 処置見学

09:00
~  手術見学
12:30

13:00 先生方とご飯

14:00
~  救急見学
17:30


見学の注意点

特に指定はありませんがスーツで行きました。
持ち物は白衣(ケーシーでも可)、聴診器くらいでOK

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):4

注意すべきことなどが付箋として表示され、わかりやすかった。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい

研修医同士(5段階評価):5
指導医・上級医との関係(5段階評価):5
コメディカルとの関係(5段階評価):5

基本的に1年目の研修医について回ります。特に同学年は非常に仲が良く、私が1年目の先生にご飯に連れて行ってもらうとき、2年目の先生たちは別で集まってご飯に行っていました。指導医の先生も厳しくも丁寧に教えてくださっていて、関係はよさそうでした。検査技師の方に心エコーを教えていただいたり、看護師の方がフォローしてくださったりと全体として研修しやすそうな環境だった。

病院のお勧めポイント

見学しているときは特に感じませんでしたが、兵庫県の中では野戦病院の一つといわれているらしいです。そのためか多くの人が大学の時は部活をしていて、元気よく研修をやっているという感じでした。(必ずしも体育会系というわけではなさそうです)淡路島の最後の砦としてやっており、様々な症例が集まってくるため幅広く経験はできると思う。実際救急では軽症から重症まで多くの症例を経験させていただきました。

見学全体を通しての感想

まず病院がめちゃくちゃきれいで開放的で広いです。周辺に商業施設等もあり、環境はよさそうでした。神戸まで1時間強、徳島まで40分程度と搬送可能といえば搬送可能ですが、島内の医療は島内で完結させようと病院全体で頑張っている感じでした。研修医もその戦力の一つとして働いていると思います。この病院の特徴は救急科を回るのが2年目という点です。1年目で内科、外科、マイナーを回り、基礎的な知識や手技を身に付けてから救急科を回ります。(外科当直、内科当直としては1年目から当直に入ります。)また、2年目が1年目に講義を行うBridgeという勉強会が行われており、研修医同士で高めあう環境がありそうでした。

この体験見学レポートの研修施設
thumb_0601911e9132e1a989e1
兵庫県立淡路医療センター
〒656-0021
兵庫県洲本市塩屋1-1-137
TEL: 0799-22-1200
  • レジナビで施設情報を見る

関西エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 半田市立半田病院
    愛知県

    半田市立半田病院

    投稿者:アピ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 市立加西病院

    兵庫県

    市立加西病院

    投稿者:0

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

  • 市立大町総合病院
    長野県

    市立大町総合病院

    投稿者:きゅん

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.