京都大学医学部附属病院 老年内科の見学体験記京都府

投稿日:2013年11月27日

投稿者:hrmr

診療科その他, 救急救命科, 緩和ケア

見学の病院を選んだきっかけ

セミナー、学会で知り合った先生がいらっしゃる。
自分の研究室の教授の知り合いがいらっしゃる。
全国的に有名な大学病院である。
京大出身にこだわらず、全国から学生が集まっている。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

1日目(月曜日)
10時から11時 科長の先生のオリエンテーション
11時から12時 外来見学
12時から13時 人間健康科教授外来見学
13時から14時 昼休み・休憩
14時から15時 地域ネットワーク見学
15時から16時 病棟見学
夜 近隣の居酒屋にて飲み会

2日目(火曜日)
10時から12時 アンチエイジング外来紹介
12時から13時 昼休み・休憩
13時から15時 老化研究紹介

これ以外に救急室や附設研究所、研修医の先生とお話しする機会をいただきました。
昼食は病院食堂ではなく、近くのカフェやレストランでごちそうになりました。
周囲にたくさんの食事処があるようです。

病院の雰囲気

自分の大学病院と、数字の上では同じような規模なのですが、とにかく敷地が広いように思いました。
建物の高さに制限があるせいか、八階までの建物が多く、その代わりに敷地が広いので移動の際には思ったより大変そうでした。
病院の雰囲気としては、関西の中にあるにもかかわらず京都の落ち着いた雰囲気の中にあるためか、ガツガツした人は少なく、職員の方々は余裕をもって生活していらっしゃるようでした。
そのような背景からか、学生に対応してくださる先生も多く、病院の施設や周囲の環境、研修医の生活環境について詳しくお聞きすることができました。
救急室は思ったより小さかったのですが、3次救急を受け入れているので多発外傷などの専門的知識を必要とする疾患がやってくるそうです。
研修医の先生は自大学(京都大学)出身の先生が少なく、半分以下のようでした。
京都大学は研修を大学病院の外で行わせる方針らしく、関西を中心とした他の大学から研修医としてやってくる研修医の先生も数多くいらっしゃいました。

病院のお勧めポイント

まずは立地だと思いますが、この点に関しては多くの大学病院が非常に良い立地にあると思いますので共通していると思います。
他にも周囲の環境や食事処に関しても充実しており、生活面に関しては申し分ないと思います。
病院に関しても非常にきれいな外観、内装をしており居心地が良かったです。
特に最近、多大な寄付金をもとに作成された積貞棟も見学させていただきました。
ここは8Fの特別病室、国立大学病院で初めての急速冷却や加熱を用いた病院食の「クックチルシステム」、外来化学療法ゾーンやがん情報コーナーなどを有しており、最近力を入れて設立した棟だそうです。

全体を通しての感想

夏休み期間に見学に訪れる学生は少なからずいるらしく、僕以外にも病院見学に訪れる学生はいらっしゃるようです。
特に今回見学させていただいたアンチエイジング外来は人気の外来らしく、年に10人以上は見学に訪れるということでした。
大学病院としてはどこも似たり寄ったりの研修内容になりがちですが、それぞれを細かく見学させていただくと違いがあって、それぞれの特色が出ているように思います。
今回見学させていただいた病院に関しては、研修医の段階においては自大学(京都大学)出身の研修医の先生が占める割合が割と少ないので、他の大学出身であっても問題なく研修できると思います。

宿舎について

多くの研修医の先生が近隣に一人暮らししているそうです。

この体験見学レポートの研修施設
京都大学医学部附属病院
京都大学医学部附属病院 老年内科
〒606-8507
京都府京都市左京区聖護院川原町54
TEL: 075-751-4839
FAX: 075-751-3091
  • レジナビで施設情報を見る

関西エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.