国立長寿医療研究センターの見学体験記愛知県

投稿日:2016年12月07日

投稿者:スペースひろちゃん

診療科その他

見学時の補助

■宿泊補助あり
遠方からの人は病院併設のきれいな研修センターに宿泊可だそうです

■食事補助あり
昼ごはん(おいしい近くのお弁当屋さん)

見学の病院を選んだきっかけ

ナショナルセンターで研修医を募集しているのは、国際医療センターとここだけでした。長寿センターは高齢者医療の日本の最先端を走っており、認知症と何かほかの疾患を抱えた方の医療について大変学ぶことが多いようでした。救急搬送は少ないのは確かに問題ですが、専門医についてマンツーマンで学ぶ環境は最高ではないでしょうか。また、研究が盛んで研究医を志している方は2年目から研究もできるようでした。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1日目 物忘れセンター>
10時 日本最大の物忘れセンターで見学。認知症だけでなく様々な神経疾患の患者がいていました。
12時 医局で昼食
13時 研修医の先生と対面、いろいろとお話を伺う
16時 面接

強い・おすすめの科

■内科 
■神経内科 
■その他  高齢者総合診療科
■精神科 
■泌尿器科 

見学の注意点

併設されている寮はとてもきれいでした。高齢者医療の最先端を研修医のうちから学べるのは長寿センターだからこそだと思いました。

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):4

研究棟は非常にきれいです。外来棟は古いですが、現在新棟建設中だということです。2年後完成予定です。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい

研修医同士(5段階評価):5
指導医・上級医との関係(5段階評価):5
コメディカルとの関係(5段階評価):5

研修医の人数が2人とすくないので、どのスタッフからも挨拶をされていました。ピッチによく電話がかかってきて一緒にみるか?という電話をもらっていたのが印象的でした。

病院のお勧めポイント

内科志望の方、特に高齢者医療に興味のある方はお勧めだと思います。救急件数は少ないので研修医のころからどんどん見たいという方にはおすすめではないと思いました。

見学全体を通しての感想

さすがナショナルセンターだと思う場面がいくつもありました。救急がすくないのは不満ですが、日本の最先端にふれながら内科をじっくり勉強したい人にはもってこいだと思いました。

試験内容

■面接
学生1人: 面接官3人
志望動機、大学時代の思い出など

■筆記
なし

■小論文
高齢者医療についてという題でした。

■その他
なし

この体験見学レポートの研修施設
国立長寿医療研究センター病院
国立長寿医療研究センター
〒474-8511
愛知県大府市森岡町七丁目430番地
TEL: 0562-46-2311
  • レジナビで施設情報を見る

北陸・甲信・東海エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.