西尾市民病院の見学体験記愛知県

投稿日:2015年12月16日

投稿者:虜

診療科救急救命科

見学時の補助

■宿泊補助あり
近隣の宿舎を利用させていただいた

■交通費補助あり
病院規定の補助をいただける

■食事補助あり
院内の食堂でごちそうになった

見学の病院を選んだきっかけ

西尾市の中核病院であり、自由度が高い雰囲気が良いと聞いていたため。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1日目 ER>
08:30 集合
09:00 救急科見学
12:00 食堂にて昼食(研修医と)
13:00 内視鏡見学
15:00 採用試験受験(面談)
16:00 救急科見学
17:00 終了

強い・おすすめの科

■内科
■循環器内科
■消化器内科(胃腸科・肝胆膵)

見学の注意点

最寄駅から若干距離があるため、時間には余裕をもったほうがよい。宿舎を利用する場合、タオル類が備えられていないため持参する必要がある。

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):3

中規模病院であるため、研修を受けるにあたり一部の診療科では外病院での研修が必要となるとのこと。CT、MRIなどの検査機器は病院の規模相当であると思われる。院内にはコンビニ、レストランがあるため便利である。また、病院近隣に飲食店、大型家電量販店などが多くあり快適な生活が保障されている。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい

研修医同士(5段階評価):5
指導医・上級医との関係(5段階評価):4
コメディカルとの関係(5段階評価):3

研修医が少人数であるため仲はよさそうであった。救急では外部から医師を招き、研修医の教育もおこなわれていた。研修医の性格にもよると思うが、気軽に質問できる雰囲気は確立されているように感じた。内視鏡では希望すれば一年目の研修医でも内視鏡を練習でき、上級医の指導も手厚いようである。コメディカルとの関係は特に可もなく不可もなくといったところである。

病院のお勧めポイント

中小規模病院ならではの自由さ、手技の多さが売りであろう。手を挙げればあらゆる手技を経験させてもらえるそうで、まだ4か月ほどの研修医が一人で腰椎穿刺を行っている様子は驚きであった。これは他病院では中々ない光景であろう。もちろんゆったりやりたい人にはそのようなことは強制されない。また、研修医も個性的で、再受験など様々な背景をもった人が働いていた。大人数の組織に縛られたくない、自由に好きな分野を極めたいといった人には最適であろう。

見学全体を通しての感想

先にも述べたとおり、とにかく自由度が高い。明確な目標がある研修医には良い環境であると感じた。ただ、自由度が高すぎるあまり暴走してしまう研修医もいるらしく、危険な手技も自己流で身につけてしまうのも考えものである。なお、本病院には奨学金制度があり、遡りでの受給も可能であるとのこと。

試験内容

■面接
個人面接(院長、副院長、研修責任者、事務担当)、20-30分程度
志望理由、性格、併願病院、志望度などオーソドックスなもの

この体験見学レポートの研修施設
西尾市民病院
西尾市民病院
〒445-8510
愛知県西尾市熊味町上泡原6番地
TEL:0563-56-3171

北陸・甲信・東海エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 半田市立半田病院
    愛知県

    半田市立半田病院

    投稿者:アピ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 市立加西病院

    兵庫県

    市立加西病院

    投稿者:0

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

  • 市立大町総合病院
    長野県

    市立大町総合病院

    投稿者:きゅん

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.