岐阜県立多治見病院の見学体験記岐阜県

投稿日:2014年09月03日

投稿者:ベッカム

診療科産婦人科

見学時の補助

■宿泊補助あり

見学の病院を選んだきっかけ

産婦人科実習にて1週間実習に行きました。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

08:30 外来集合、見学
13:00 オペ参加もしくは外来見学(お産があればそれを見学)

月―金でほぼ同じスケジュール

強い・おススメの科

■産婦人科

見学の注意点

多治見駅から徒歩15分ほど。バスも出ているが本数が少ないため、歩くのが苦でない人は徒歩がおすすめ。
東濃20万人ほどを支える地域の中核病院として、多くの症例を抱えている。
産婦人科のラパロは全国的に有名。

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):3

新病棟と旧病棟を使い分けて段階的に増改築していく予定らしいが、建物内がやや複雑で、職員用の階段などを
見つけるのが難しい。
手術室は旧病棟できれいとは言えないが、必要なものは揃っている。
研修医室は別に準備されており、気楽なスペースであった。
寮も完備で、徒歩2-3分くらいのところに1Kで1万位で借りられる。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか:はい

研修医同士(5段階評価):5
指導医・上級医との関係(5段階評価):5
コメディカルとの関係(5段階評価):4

非常に気さくな先生方で、暇さえあれば声をかけて下さり、夕飯にも連れて行ってくれた。
上の先生とも変なしがらみがないせいか、気軽に楽しく話していた。
上の先生同士も上下関係がないかのような口調での会話が印象的であった。
オペ看さんは気が強そうな人が多かったが、病棟の看護師さんはやさしく、食事にみんなで行った時も
非常にフレンドリーで良いところという印象しかなかった。

病院のお勧めポイント

救急は3次までやっており、1年次と2年次が2人ずつ待機してファーストタッチは研修医が行う。
そのため実力や対応能力は非常に強くなる気がした。
ただ、あまり救急の先生が前に出てくるところを見なかったため、判断等がどこまで任されているのか不明だった。
しかしながら、とりあえずガンガンやりたい人にはおすすめかも。

見学全体を通しての感想

地方の市中病院ということもあってか、野心的でなく、しかし頑張りたいという熱意のある先生方が多く、
かつ色々話しかけてくれるいい先生ばかりであった。
地域の病院でずっとやりたいという人には非常におすすめだと思う。
産科のラパロは有名らしく、東海地域以外からも紹介で来る人もいて、ラパロ手術を多くやりたい人にもおすすめ。

試験内容

■面接
学生1:面接官3
内容は志望動機、希望の診療科、多治見に残るかどうか、など一般的な質問。
基本的には、見学時の対応等で特に問題がない限り落とすということはないとのこと。

この体験見学レポートの研修施設
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
岐阜県立多治見病院
〒507-8522
岐阜県多治見市前畑町5-161
TEL:0572-22-5311
FAX:0572-25-1246
  • レジナビで施設情報を見る

北陸・甲信・東海エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.