小諸厚生総合病院の見学体験記長野県

投稿日:2014年08月26日

投稿者:きゅん

診療科外科, 神経内科

見学時の補助

■宿泊補助あり
近くのホテルを病院が確保してくれます。
温泉付きで、1泊するだけでお肌つるつるです。

■交通費補助あり
新幹線代を含めた往復交通費が頂けます。

■食事補助あり
全て病食の検食となります。
若い学生には量が少ないけど、健康でありがたいです。

見学の病院を選んだきっかけ

東京から程よく近い(新幹線佐久平駅から車で12-15分)地方の市中病院で、手を動かす機会が多くありそうで、
待遇も良く、住環境も良さそうな病院だと思ったため。
また、信頼している信大の先生から研修先病院として推薦されたため。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1日目>
08:03 小諸駅到着。事務の方が車で迎えに来て下さる。
09:00 神経内科の先生(診療部長、臨床研修副委員長)と病棟回診、病院内案内
12:30 昼食
13:30 神経内科の先生の外来見学
15:00 小諸市内、職員寮の案内
17:00 研修医の先生と当直体験
21:00 終了。ホテルへ。

<2日目>
08:00 事務の方がホテルにお迎えに来て下さる
09:00 小児外鼠径ヘルニアオペ
11:00 結腸癌オペ
16:00 昼食
16:30 外科の先生(副委員長、臨床研修委員長)と面談
17:00 終了

強い・おススメの科

■内科
■外科 ■消化器外科

見学の注意点

持ち物、事前学習で注意すべき点は特にないです。必要なものはやる気だけです。
小諸は地域独特の雰囲気がありますので、(部外者が乗り込むなら)なぜ小諸に来たのか、明確な意思を持ち、
小諸厚生総合病院というよりは、小諸市に住み貢献する一員になりたいのか、きちんと見てくる必要があります。

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):4

現時点では病院は古いことから「5」ではなく「4」とします。
平成29年春から駅近のピカピカの病院になるそうです。基本的な設備、ICU, SCUなどは揃っています。
また、職員寮(家賃、光熱費、駐車場代不要)は、2LDK~3LDKで、病院から車で3分ほどの位置にあります。
外観は古いですが、中は綺麗にリフォームされており、大満足だと思います。
世帯者には、病院が一軒家を借り上げてくれ、月5万円程度家賃補助が支給されるようです。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか:はい

研修医同士(5段階評価):4
指導医・上級医との関係(5段階評価):5
コメディカルとの関係(5段階評価):5

中規模病院であるため、他の診療科に移っても自分が研修していた診療科について全く責任がなくなるわけではなく、大きな病院にはない連続性のある、総当たり戦的な研修ができます。
また、地域に密着した病院であるため、住民の健康上の悩みを全て受け止めていくというか、大学病院の3分診療とは対極の、全人的医療の実践を目の当たりにすることができるでしょう。(それを無駄と考えるか、必要と感じるかは、自分の目指す医師像によると思います。)
患者数は医師の人数に比して多く、当直明けでのフルタイム勤務なため、真面目で忙しい病院ですが、
大学病院のように深夜まで働いているのが常態、ということは決してありません。
研修医であっても、ライフスタイルに応じて、17時に帰る人、21時に帰る人など様々で、一人一人の
ニーズと能力に合わせて、職員の方々がみんなで知恵を出し合って、育てていこうという雰囲気があります。
また、後期研修は制度上は小諸厚生総合病院で行うことも可能ですが、「大学病院を知らずして外科医とは言えない」というスタンスで、基本的に大学病院、外の大きな病院で行うことを推奨しています。
コメディカルの皆さまは優秀で、初期研修の先生を苛めるのではなく的確にサポートし、安心して安全な診療行為が行える環境があります。

ただし、地域に古くから根付き、地域住民の生活に密着した病院であるため、(研修医以外の)医師も
コメディカルも、ベテラン(ご年配)が多いのが気になりました。
また、地方の中規模病院ならどこでも同じ問題を抱えるとは思いますが、「これは今はどうなのか?」という
治療法を実践している医師もいます。
「なんでも最新のテキスト通り」でないと納得できない優等生型の性格の人には向いてないです。
最新の医療を追っていくために、自分自身で勉強していく姿勢が必要です。
一方、よく解釈すると、「これでも治る」というサバイバル的な実践力と感覚は身に付くと思います。
医局はオープンな雰囲気ですが、研修医の机は医局とは別個にあります。

病院のお勧めポイント

外科(消化器外科)になりたい人にはお勧めです。
研修医であっても、やる気次第で、(超ベテラン医師の指導の下)ラパロの胆嚢摘出術まで経験させて頂けます。
とにかく手技が経験したい外科系志望者には、外科かつ臨床研修部長の橋本先生と気が合えば、最高の病院だと
思います。
外科志望の若い医師は、皆、橋本先生の子弟となるべく集まってきた方々です。
ただし、呼吸器外科医がいないので、胸部外科になりたい人は少し考える必要がありますが、とりあえず
一般外科を取得することが目標、ということなら、技術、度胸の修行の場として申し分ないです。
小諸で研修してから後期研修で大きな市中病院、大学病院に行くと、研修が「つまらない」と感じることもある
ほどのようです。
このように、実務的能力、臨床能力は、小諸の外科&救急を卒業すれば最高の力が身に付くであることは
間違いない一方、座学をしている時間と余裕は本当にないと思いますので、初期研修医時代から学会発表を
したりしたい人、充実したカンファや勉強会を望む人は行かない方がよいです。
また、とにかくまじめな病院であることと、小諸という一つまとまった地域共同体が機能していることから、
この病院で働きたい、この地域で生活したい、という明確な意思も必要かと思います。

同地域(東信)には佐久総病院があり、こちらは大学病院のような機能を果たしている(基本的に紹介患者のみ、
救急医療の最後の砦)中、小諸厚生総合病院と浅間総合病院が、いわゆる「市中病院」としての機能を果たしています。
浅間総合病院と比べ、小諸厚生総合病院の方が救急車の受け入れ台数は多く、研修医がコンスタントに採用されている分粒が揃っており(ただし、信大のたすき掛けで来るいわゆる大学病院の優等生ちゃんと、市中でもまれたい度胸ある荒武者ちゃんと、両方いるのが面白いです)、ICUやSCUがあり、内科がより強い(ただし血液内科、腎臓高血圧内科はない)のが、小諸厚生総合病院の強みです。外科医の数、お産の件数、眼科があることでは、浅間総合病院が上回っています。

見学全体を通しての感想

小諸市は、例えば医師就業支援の奨学金があったり、土曜日や学校のない日も19時まで無料で使える素晴らしい学童保育(こもろっじ)があったりと、暮らしやすさ、子育てのしやすさは、長野県内でピカ一だと思いました。
また、最寄りは小海線、しなの鉄道小諸駅と、ちょっと不便な感じがしますが、新幹線佐久平駅まで車があれば15分かからないので、交通の便も思ったよりよいです。
初期研修としてのみではなく、一人前になった後、医師としての長い人生を歩む場所としても考えたいと思いました。
医師の兼業は普通は禁止ですが、厚生連(JA)は農業との兼業は許されているとのことで、自分の食べる野菜を作りながら暮らしている医師も多く、収穫の時期に当直の譲り合いになるという話が、厚生連ならではだと思いました。

試験内容

面接のみ
履歴書の提出あり

この体験見学レポートの研修施設
小諸厚生
小諸厚生総合病院
〒384-8588
長野県小諸市与良町3-2-31
TEL:0267-22-1070
FAX:0267-23-9127
  • レジナビで施設情報を見る

北陸・甲信・東海エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.