名古屋第二赤十字病院の見学体験記愛知県

投稿日:2014年01月10日

投稿者:魚

診療科救急救命科, 総合診療科(家庭医)

見学の病院を選んだきっかけ

総合診療科が有名(「誰も教えてくれなかった診断学」の著者の先生がいらっしゃる)で、救急診療にも力を入れていると聞いたので。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

総合診療科の見学をしました。
総合診療科では、午前中が病院全体の説明や上級医の先生の外来見学、お昼はレクチャー、午後はカンファレンスや勉強会に出席させていただきました。
丁寧に説明をしていただきました。
研修医の先生がいても、指導医の先生につくのがこの病院のスタイルのようでした。
夜の救急外来も見学しましたが、こちらは忙しいようで放置ぎみでした。
1人当たり2-3件の症例を並行して診ていました。
こどもの外傷の縫合や薬物中毒の対応などをしていました。
好きな時間に帰りました。

病院の雰囲気

病院内はとにかくきれいで、ホテルのような雰囲気でした。
場所も良いため、議員などのVIPが入院されることもあるようです。
救急室は大変広く、一度に何人もの患者さんをトリアージしながらみることができるようになっていました。
総合診療科の先生がたはどなたも優しく、雰囲気はとてもよかったです。
しかし、学年に関わらず学生にもばんばん質問はとんできます。
内容は、患者さんの主訴を聞いて、するべき問診、診察、考えられる疾患などです。
忙しい病院かと思っていたのですが、研修医室では多くの研修医の先生がのんびりとおしゃべりしていました。
(たまたまかもしれないですが。)
救急以外はそんなに忙しくないイメージをもちました。
名古屋大学出身者が多いようです。

全体を通しての感想

きれいで大変働きやすい病院というイメージを持ったのですが、とある科の先生から、「患者さんにVIPが多いため、研修医はなかなか主治医としてファーストタッチをすることが難しい科も多い」というお話を聞きました。
そのため、自分でがんがん病棟の患者さんをみたい方にはちょっと違うのかな、という印象です。
(総合診療科は主治医制で、研修医がしっかりみていましたが。)
意識が高くないと病棟実習の延長になってしまうかもしれません。
東海地方出身または東海地方の大学出身の方で、救急に力を入れたい方には良い病院だと思います。

試験内容

試験はうけていませんが、研修医の先生に伺ったところ、全ての項目を満遍なく埋める効率の良さなどをみているらしいです。


宿舎について

宿舎はありません。

この体験見学レポートの研修施設
名古屋第二
名古屋第二赤十字病院
〒466-8650
愛知県名古屋市昭和区妙見町2-9
TEL:052-832-1121
FAX:052-832-1130
  • レジナビで施設情報を見る

北陸・甲信・東海エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.