砂川市立病院の見学体験記北海道

投稿日:2018年12月26日

投稿者:メロン

診療科小児科, 救急救命科

見学時の補助

■交通費補助あり
往復分交通費支給あり
■食事補助あり
昼食補助あり

見学の病院を選んだきっかけ

年間の救急外来患者数が1万人を超えドクターヘリやドクターカーも導入されているので、一次救急から三次救急まで様々な患者さんの治療を経験できると考えたから。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1日目 救急科 小児科>
8:30 集合
9:00 救急見学
12:00 昼食
13:30 小児科外来見学
15:00 病院案内
16:00 解散

強い・おすすめの科

■内科
■外科
■小児科

見学の注意点

白衣、聴診器、メモ帳

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):5


病院内は少し狭いかなと感じたが、壁に美術アートがあり、癒しになると思った。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい

研修医同士(5段階評価):5
指導医・上級医との関係(5段階評価):5
コメディカルとの関係(5段階評価):5


必ず上級医の先生方からフィードバックをもらえるという点では、地域中核病院としての強みだと思うとおっしゃっていた。先生方、看護師さん皆さんフレンドリーな方が多く質問しやすい環境である。

病院のお勧めポイント

休日・夜間の日当直においては、全例を研修医が診療にあたる。迷った際には指導医にすぐ確認を取れる環境ではあるが、まず全て自分が診るという経験は診察力の向上に繋がる。中空知地区のあらゆるところから患者さんが昼夜問わず搬送され、多忙な中でもいかにして患者さんの病態や治療方針を短時間で的確につかむことができるかという能力が求められる。自分たちが救外で診察した患者さんがどうなったのか、果たして自分たちの対応が正しかったのか、その場で先生に確認することができる。

見学全体を通しての感想

砂川は冬が寒く、雪が多いことで有名だが、病院内は常に暖かく特に気になることはない。モチベーションの高い他の研修医のいる中、互いに切磋琢磨して研修生活を送ることができ、非常に良い環境にいることができると思う。病院内の他のスタッフもそうだが、「研修医」としてよりは、「ひとりの医師」として扱ってくださり、そのことが仕事へのやりがいにつながりそうだと感じた。

試験内容

■面接
学生1人: 面接官4人
面接官は、副院長、看護師長、医師2名。病院の志望動機、将来の方向性、どんな研修医生活を送りたいかについて質問された。

■筆記
救急外来を受診した症例について、画像所見など鑑別診断を記述する。

■小論文
最近の医療トピックスを1つ挙げ、800字以内で記述する。

この体験見学レポートの研修施設
砂川市立病院
〒073-0196
北海道砂川市西4条北3丁目1番1号
TEL: 0125-54-2131

北海道・東北エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 宇治徳洲会病院
    京都府

    宇治徳洲会病院

    投稿者:ポール

  • 太田記念病院
    群馬県

    太田記念病院

    投稿者:ぐんまちゃん

  • 利根中央病院

    群馬県

    利根中央病院

    投稿者:おこめ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.