帯広協会病院の見学体験記北海道

投稿日:2018年07月11日

投稿者:匿名希望

診療科消化器内科(胃腸科・肝胆膵), 総合診療科(家庭医)

見学時の補助

■宿泊補助あり
前泊、当日泊含めホテルを取っていただいた
■交通費補助あり
明細書の有無にかかわらず1万円
■食事補助あり
医局で昼食をいただいた

見学の病院を選んだきっかけ

研修医の人数を絞り、手厚い教育を行っているという方針に興味を持ったため。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1日目 午前消内、午後総診>
8:20 医局見学
8:30 救急外来見学
9:30 消化器内科外来見学
12:00 昼食
13:00 総合診療科講義
14:00 業務内容見学
16:00 抄読会、回診、カンファ参加
18:30 解散

強い・おすすめの科

■総合診療科(家庭医)

見学の注意点

帯広駅付近のホテルを取っていただいた。駅からは徒歩で15分ほどかかる。

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):5


不自由なく使えているようだった。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→なし

研修医同士(5段階評価):3
指導医・上級医との関係(5段階評価):4
コメディカルとの関係(5段階評価):4


一年目の研修医の方がいらっしゃらなかったため、研修医の先生方と接することが出来なかったのが心残り。コメディカルの方々は皆さん優しく接されていた。

病院のお勧めポイント

一般的な小規模病院の雰囲気に加え、総合診療科が外部から来られているというちょっと珍しい病院。どの科がずば抜けて、というわけではないが、帯広の小規模病院を探している人は立地もよく、まんべんなく学ぶことのできる総合的研修が出来ると感じた。家庭医療センターから来られた総合診療科の先生が複数名おられ、総合診療科を志している人にとってはかなりよい環境ではないかと思われる。

見学全体を通しての感想

帯広駅から少し歩くが、中心地に近い小規模総合病院というイメージ。消化器内科は札幌医大の先生方が多く在籍しておられた。総合診療科の方々はとても教育的な方が多く、医局も他の科と少し毛色が違い、敷居などはなく科を跨いだ様々な教科書、指導書が置いてあった。また研修医だけでなく、学生に対しても教育しようという意思が伝わり、北海道の家庭医を目指すには素晴らしい教育環境が整っていると感じた。

この体験見学レポートの研修施設
帯広協会病院
〒080-0805
北海道帯広市東5条南9丁目2番地
TEL: 015-522-6600

北海道・東北エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 宇治徳洲会病院
    京都府

    宇治徳洲会病院

    投稿者:ポール

  • 太田記念病院
    群馬県

    太田記念病院

    投稿者:ぐんまちゃん

  • 利根中央病院

    群馬県

    利根中央病院

    投稿者:おこめ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.