釧路赤十字病院の見学体験記北海道

投稿日:2021年02月17日

投稿者:SU薬

診療科内科, 外科, 小児科, 産婦人科, 産科


見学時の補助

■宿泊補助あり
宿舎は無料で宿泊でき、病院へと屋外を経ずに移動することができ、PHSも繋がる。

■交通費補助あり
交通費は上限5万円まで補助が出る。※領収書の原本の提出が必要。

■食事補助あり
朝食は当直食、昼食は職員食堂にて好きなメニューを頂ける。

■その他補助あり
宿舎にはタオルと日数分のシャンプー等が用意されている。


見学の病院を選んだきっかけ

レジナビ東京の際にwebアプローチを頂き、興味を持った。
また総合周産期母子医療センターであることから。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1日目 産婦人科>
13:00 病院説明&案内&雑談など
16:00 分娩見学
19:00 飲み会


<2日目 産婦人科&小児科>
9:00 処置見学&ミニレクチャー
13:00 鑑別診断ミニレクチャー
14:00 NICU見学
15:00 ワクチン外来見学
17:00 NICUカンファレンス
20:00 合同飲み会



<3日目 小児科>
9:00 カルテ診他
12:00 部長先生とお昼をご一緒させて頂いた


強い・おすすめの科

■内科 

■外科 

■小児科 

■産婦人科
 
■産科 


見学の注意点

釧路空港から路線バスで40分ほど。
院内には美容室・食堂・売店がある。


病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):4


地域の最後の砦としてある程度自院で完結した医療を求められる為、一般的な設備は概ね揃っている。
特に産科病棟が綺麗で病院として重点を置いていることが伺える。、
研修医室は医局とは独立して存在し、ベッド・ソファー、テレビ等が揃っている。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい

研修医同士(5段階評価):4
指導医・上級医との関係(5段階評価):5



市内の他の研修病院とは密接な繋がりがある模様で、お互い研修医が行き来して顔馴染みになっている。
飲み会ではワイワイと盛り上がり、雰囲気はよいと感じた。
Drとパラメディカルの方々との関係が近く、仲が良さそうであった。

病院のお勧めポイント

北海道という地理的条件が非常に大きく、転院させようにも車で数時間かかるので簡単には大学病院などには送れない。
従って都心部とは違い、common diseaseからある程度稀少疾患まで幅広く診ることが出来るし、それが求められている。
医者の数は不足しており、見学だけでも歓迎される。
給与はいい金額を頂ける上に、宿舎は光熱費が無料とのことなので車関連の費用と食費以外は殆ど出費なく生活することも可能のようである。

見学全体を通しての感想

病院自体はちょっと古めの病院という程度で、病院機能としては同程度の病床数の病院と比して見劣りはしない。
北海道という地域特性を鑑みると、医療圏の中核である本院は二次救急病院でありながら極めて3次に近い役割を担っており、幅広く経験できると言える。
研修医の数も多くないため、積極的な姿勢であれば1年目からかなり色々な医行為をさせて頂ける。
そして何より海産物が新鮮で美味。

この体験見学レポートの研修施設
釧路赤十字病院
釧路赤十字病院
〒085-8512
北海道釧路市新栄町21-14
TEL: 0154-22-7171
  • レジナビで施設情報を見る

北海道・東北エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 宇治徳洲会病院
    京都府

    宇治徳洲会病院

    投稿者:ポール

  • 太田記念病院
    群馬県

    太田記念病院

    投稿者:ぐんまちゃん

  • 利根中央病院

    群馬県

    利根中央病院

    投稿者:おこめ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.