東北大学病院 精神科の見学体験記宮城県

投稿日:2014年09月19日

投稿者:2881

診療科精神科

見学の病院を選んだきっかけ

大学のポリクリの実習で回りました。
精神科は選択制ではなく、全ての学生が一週間半実習を行うこととなっていました。
途中に一回、名取市にある県立精神医療センターに見学に行く機会がありました。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<1週目>
月曜:オリエンテーション、教授講義、担当患者紹介
火曜:新入院紹介、病棟回診、講義
水曜:新患見学、病棟回診
木曜:病棟回診
金曜:新患見学、担当医と食事会(精神科医局説明など)

<2週目>
月曜:新患見学、講義、ワークショップ、病棟回診
火曜:県立精神医療センター見学、教授総括
水曜:午前中のみ新患見学

以上の一週間半のスケジュールでした。
講義内容はアンチスティグマ、精神保健福祉法、医療面接、精神疾患の早期発見についてでした。
また、毎週火曜日午後5:00~研修医対象の論文抄読会があり、希望者は参加可能との事でした。
この期間内に各自担当患者についてレポートを作成し、自分で症例の症状から疾患、疾患の程度を
考察して提出するという課題がありました。

病院の雰囲気

精神科という事で非常に落ち着いた雰囲気の病棟でした。
ただし、先生方の中には非常に外交的な先生もいらっしゃって、いろいろなタイプの先生がいらっしゃり、
いろいろな治療法があるという事を認識させられました。
病棟の中には卓球台や筋トレ器具等の運動器具やブランコや花壇のある庭等も病棟内に存在するので、開放的で
ゆっくり療養できそうな雰囲気でした。
ただ、病棟がこれから数年のうちに移動する事になっているらしく、行き先が十数階という高い位置なので、
庭がなくなってしまうという話を聞きました。
病棟の庭はくつろぎを与えるという点で有用だと思ったのですが、残念です。
精神疾患の治療法の一つとして、電気けいれん療法があります。
これが手術室に行く事無く、精神科病棟で麻酔をかけながら行える設備をそろえているということが、
特徴の一つであると教授がおっしゃっていました。

病院のお勧めポイント

病棟の現状としては非常に居心地の良い空間に感じました。
前述のように病棟の中には卓球台や筋トレ器具等の運動器具やブランコや花壇のある庭等も病棟内に存在する
ので、開放的でゆっくり療養できそうな雰囲気であり、ガラス張りであったり、コンクリート打ちっぱなしだったり
するような無機質な病院の建物と一線を画し、人間味のある病棟であったと思います。
改築工事後にどのような病棟になるのかは分かりませんが、この雰囲気を保ったままだと患者さんも嬉しいのでは
ないか、と思います。

見学全体を通しての感想

教授だけでなく、ほかの医局の先生も精神科の面白さを熱心に語ってくださり、自分が想像していた形より比較的
積極的に医局説明や勧誘をなさっている、という印象が強かったです。
外来の際にも、学生が見学した症例についてのフィードバックが手厚く、疾患への理解が深まったように思います。
また、朝のカンファレンスでは一個一個の症例に対して上級医の先生が細かく質問されていて、処方した薬の理由
や疾患概念への理解、更には社会的背景を考量した退院後の手続きまで質問されている姿が印象的でした。
ここまで細部まで考えて治療に当たっているという事実を認識させられて、驚きを感じた部分もありました。

この体験見学レポートの研修施設
東北大
東北大学病院 精神科
〒980-8574
宮城県仙台市青葉区星陵町1番1号
TEL:022-717-7000
FAX:022-717-7016
  • レジナビで施設情報を見る

北海道・東北エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.