東北大学病院 産婦人科の見学体験記宮城県

投稿日:2014年09月19日

投稿者:2881

診療科産婦人科

見学の病院を選んだきっかけ

大学のポリクリの実習で回りました。
産婦人科の実習期間は二週間であり、産科がメインとなっていました。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

9:00…学生部屋に集合します。自分の配属されたチームの朝回診に帯同するスタイルです。この際にいくつか
質問を受ける事があり、この課題内容については翌日の回診の際に再び質問される事になる事が多かったです。

10:00…昼まで何かしらの予定が入っている事が多かったです。内容としては症例を通してのチュートリアルや
胎児心拍数や妊婦に使用してよい薬剤の講義等でした。

13:00…研修センターにて内視鏡実習、エコー実習等が適宜行われます。

適宜…帝王切開あるいは分娩見学。医局の方針で学生は必ず一回の分娩と帝王切開を見学する事になっており、
講義の途中でも学生は定期的に呼び出され、見学を行いました。

二週間のうち一回(日程は適宜調整)…当直実習。産婦人科の病棟内で上の先生と一緒に当直し、婦人科救急や
分娩を診ます。
後半一週間のうち三日は外部病院での実習になります。
行き先は大崎市民病院、スズキ記念病院、仙台赤十字病院、東北公済病院、仙台医療センターなどがありました。
スズキ記念病院に関しては距離がある為か、当直が必須となっていました。

病院の雰囲気

外科系の分野であるだけあって、明るく話しやすい先生が多いと思います。
女性医師も多く、同じように明るく話しやすい先生が多かったように思います。
また、内視鏡や縫合の実習、当直実習まで用意されている事から伺える通り、教育熱心な先生が多い印象でした。
回診中も質問が飛んでくる事があり、ある意味油断できないという面もありますが。
また、学生の授業時間内にはそのスケジューリングを担当する為のチューターという制度があり、困ったらすぐに
その先生に相談できるという点が魅力的だったように思います。
私が回っている間のチューターの先生は非常に気さくな人で、その後、別の科を回っていても声をかけてくださる
ほどでした。

病院のお勧めポイント

前述しましたが、学生の授業時間内のスケジューリングを担当する為のチューターがいるのは非常に魅力的な制度
だと思います。
その先生が分娩をみていなかったり帝王切開をみていなかったりする生徒に優先して連絡を下さり、興味のある症例のオペや初診の患者さんの問診まで連絡して下さるという徹底ぶりでした。
学生の希望が基本的に通るという点で、非常に勉強になりましたし、モチベーションも保つ事ができました。

見学全体を通しての感想

日本で初めて体外受精に成功した病院であると言うことで、その先生が立てられたスズキ記念病院にて鈴木雅州先生本人のお話を伺う事ができます。
体外受精を積極的に行っているということもあり、一般的な産科、婦人科だけでなく不妊治療についても学ぶ事が
できる点が特徴的であったように思います。
また、月に一回の頻度で食事会や送別会などのイベントがあるようで、自分が回っている間にもそのような会に
参加する機会がありました。(当直に当たってしまった人は残念ながら参加できませんが)
この会でも医局の雰囲気を味わう事ができると思います。

この体験見学レポートの研修施設
東北大
東北大学病院 産婦人科
〒980-8574
宮城県仙台市青葉区星陵町1番1号
TEL:022-717-7000
FAX:022-717-7016
  • レジナビで施設情報を見る

北海道・東北エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.